• fluct

  • 小説プラットフォーム「LINEノベル」提供開始 出版社9社が参画 文庫レーベル立ち上げも

    2019年04月16日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    小説プラットフォーム「LINEノベル」提供開始

    本日4月16日(火)、LINE株式会社が小説プラットフォーム「LINEノベル」の提供開始を発表しました(アプリ提供開始は2019年夏予定)。

    「LINEスタンプ」「LINEマンガ」「LINE MUSIC」といったコンテンツ事業を展開してきたLINE。「LINEノベル」では出版社から提供される既存の作品や、人気作家による書き下ろし小説が読めるだけでなく、ユーザー自らが投稿し、書籍化のオファーを受けることもできるようになっています。

    アプリ配信時点ですでに50作の提供が決定していますが、今後も随時追加される予定とのことです。

     

    出版社9社が参画 三木一馬氏を統括編集長に迎え、新レーベル立ち上げも

    「LINEノベル」には出版社9社が参画。投稿作の独占出版を行なわず、参画出版社全社で新たな才能の共有・発掘に取り組むとされています。

    さらに、株式会社ストレートエッジの三木一馬さんを統括編集長に迎え、新レーベル「LINE文庫」「LINE文庫エッジ」が創刊。また今回のリリースにあたり、宮部みゆきさんの小説『小暮寫眞館』(全4冊)が「LINEノベル」でデジタル配信されることも発表されました。

    宮部さんの長編小説がデジタルで公開されるのは、電子書籍も含めこれが初めてです。

    なお「LINEノベル」では、宮部さんの書き下ろしエッセイ、および最果タヒさんによる新作詩の連載も決定。いずれも今夏配信される「LINEノベル」アプリ限定の書き下ろしとなっています。

    ● 参画出版社(五十音順)
    株式会社KADOKAWA、株式会社講談社、株式会社新潮社、株式会社集英社、株式会社実業之日本社、スターツ出版株式会社、株式会社宝島社、株式会社東京創元社、株式会社文藝春秋

    ● 今夏公開のラインアップ
    ・LINE文庫エッジ 『魔導ハッカー 〉〉暴け、魔法の脆弱性を』(著:鎌池和馬、イラストレーター:HIMA)
    ・LINE文庫エッジ『サバゲにGO! はじめてのサバイバルゲーム』(著:アサウラ、イラストレーター:赤井てら)
    ・LINE文庫『願うなら、星と花火が降る夜に』(著:いぬじゅん、イラストレーター:mocha)
    ・LINE文庫『さくら堂骨董品店奇譚』(著:蝉川夏哉、イラストレーター:げみ)

    ● アプリ配信時「LINEノベル」公式作家一覧(五十音順、敬称略)※2019年4月16日時点
    【単行本】
    中村航、原田マハ

    【LINE文庫】
    相沢沙呼、蒼空チョコ、日日日、天乃聖樹、筏田かつら、石田空、和泉桂、いぬじゅん、井上悠宇、岩城裕明、内田裕基、遠藤遼、鳳乃一真、おかざき登、小椋正雪、神野オキナ、木緒なち、切符、喜友名トト、ごとうしのぶ、後藤リウ、篠原まこと、しめさば、shachi、十文字青、瀬川コウ、蝉川夏哉、田尾典丈、高野小鹿、喬林知、竹井10日、月夜涙、辻堂ゆめ、つるみ犬丸、手島史詞、豊田巧、永川成基、中山茂大、七烏未奏、仁木英之、西村悠、氷川一歩、二宮敦人、ニリツ、原田まりる、наяч、半田畔、堀内公太郎、堀川アサコ、真楠ヨウ、真鍋卓、みうらまき(三浦マキ)、三國青葉、三雲岳斗、水沢あきと、みなづき未来、ゆうきりん、ゆずはらとしゆき

    【LINE文庫エッジ】
    逢空万太、アサウラ、天酒之瓢、阿羅本景、大泉貴、春日みかげ、鎌池和馬、空伏空人、九曜、K.バッジョ、サイトウケンジ、榊一郎、更伊俊介、秋堂カオル、白沢戌亥、涼暮皐、瀬尾順、蝉丸P、SOW、高橋徹、たきもとまさし、丈月城、橘ぱん、棚花尋平、田中ロミオ、津田彷徨、寺田とものり、都乃河勇人、虎虎、波摘、望公太、翅田大介、春原ロビンソン、氷純、舞、三門鉄狼、みかみてれん、三河ごーすと、箕崎准、三嶋与夢、実弥島巧、森田季節、錬金王



    オールジャンルの文学賞「令和小説大賞」新設 書籍化・映像化を確約

    また同じく4月16日(火)、LINE株式会社・日本テレビ放送網株式会社・株式会社アニプレックスの3社共同で、新たな文学賞「第1回 令和小説大賞」が開催されることも発表されました。

    「第1回 令和小説大賞」は、新たな才能の発掘を目的としたオールジャンルの文学賞。応募テーマは一切なく、純文学・エッセイ・ファンタジー・ミステリー・ノンフィクションなどジャンルや表現方法も自由です。

    審査員には「HiGH&LOW」「兄に愛されすぎて困ってます」などを手がけた映画プロデューサーの植野浩之さん(日本テレビ放送網)、「はたらく細胞」などで知られるプロデューサーの高橋祐馬さん(アニプレックス)、「LINE文庫」「LINE文庫エッジ」の統括編集長である三木一馬さん(ストレートエッジ)らが揃い、昨年小説家デビューした乃木坂46の高山一実さんがアンバサダーとして参加します。

    大賞受賞作品には、賞金300万円と作品映像化の権利が贈呈され、「LINE文庫」または「LINE文庫エッジ」での書籍化も確約。

    作品の応募は9月30日(月)まで。「LINEノベル」から応募できます。

    第1回 令和小説大賞
    ・応募期間:2019年4月16日(火)~9月30日(月)※大賞発表は2020年3月予定
    ・応募資格:「LINEノベル」アカウントを所有していれば誰でも応募可能
    ・ジャンル:自ら創作したオリジナル作品(一次創作)であればジャンル不問




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る