• fluct

  • 住野よる『よるのばけもの』が文庫化! いじめや人間関係に揺れる中学生の葛藤を描く

    2019年04月10日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 川下
    Pocket

    3月に刊行された最新作『麦本三歩の好きなもの』が話題となっている住野よるさん。

    4月11日(木)に、住野さんの3作目『よるのばけもの』の文庫版が発売されます!

    よるのばけもの
    著者:住野よる
    発売日:2019年04月
    発行所:双葉社
    価格:700円(税込)
    ISBNコード:9784575522099

    装丁は単行本、文庫版ともに人気イラストレーターのloundrawさんが手がけました。文庫版では、単行本の白と黒を基調としたデザインから一転、幻想的な雰囲気のイラストとなっています。

    ▼(左)文庫版、(右)単行本



     

    バケモノになってしまう主人公が、ある日孤独なクラスメイトと出会う

    中学3年生の安達は、気弱で他人の目を気にしてしまう普通の男子生徒。いつからか、夜になると8つ目があり、6つ足、4つの尾があるバケモノに変身してしまうようになりました。

    ある夜、忘れものを取りに行くためバケモノの姿で学校に忍び込んだ安達。すると教室には、クラスでいじめを受けている矢野さつきがいました。彼女はその姿に驚きながらも、その正体が安達であると見破ります。

    この出来事がきっかけとなり、その後もふたりは奇妙な関係を築いていくことになりますが……。彼らの学園生活はどのように展開していくのでしょうか。

    中学校における「いじめ」や人間関係の問題、それに対するジレンマが鮮明に描かれた本作には、多くの読者から「自分の経験と重なる」「中学時代を思い出した」という声が寄せられています。

    この機会にぜひ手に取ってみてください。

    よるのばけもの
    著者:住野よる
    発売日:2019年04月
    発行所:双葉社
    価格:700円(税込)
    ISBNコード:9784575522099

     

    関連記事

    住野よる最新作『麦本三歩の好きなもの』発売!住野よる史上、最もキュートな主人公!?

    住野よる「主人公は大嫌いだけど、一番自分に似ている」:『青くて痛くて脆い』インタビュー【前編】




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る