• fluct

  • 秩父は“埼玉の独立国”!? 徹底した地元目線で秩父カルチャーを掘り下げる「ちちぶマガジン」

    2019年03月30日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部「日販通信」担当
    Pocket

    映画「翔んで埼玉」のメガヒットで、一躍脚光を浴びている埼玉県。

    47都道府県のなかで独自の立ち位置を確立している同県でも、最西に位置する秩父地方は巷で“独立国”といわれているそうです。

    今回は、そんな秩父のカルチャーやライフスタイルを深掘りするローカル誌「ちちぶマガジン」の編集長に、創刊時のエピソードをお寄せいただきました。

    秩父が独立国といわれる理由は、どこにあるのでしょうか?

     

    【編集長雑記】ローカル雑誌で地域を盛り上げます

    ローカル雑誌は全国各地にありますが、特に京都や奈良、金沢といった、歴史と文化のある都市には、クオリティの高いローカル雑誌があります。また、いい雑誌があることによって、その街のブランド価値がさらに上がるということもある気がしています。私も、旅行や出張に行くと、必ず書店に立ち寄ってローカル雑誌をチェックするのをひとつの楽しみとしてきました。

    私の故郷は、埼玉県秩父市。埼玉県といえば東京のベッドタウンというイメージをお持ちの方が多いと思いますが、秩父地域は、気候風土、文化、環境といった点で、ほかの県内の地域とはまったく違い、よく「秩父は独立国」などと言われます。埼玉県のほとんどの地域は平野ですが、秩父は周りを山に囲まれた盆地。そして、神社やお寺がたくさんあり、最近ではパワースポットとしても注目されています。

    また、毎日のように地域内のどこかでお祭りが行われていると言われるくらい、お祭りが盛んというのも特徴のひとつ。でも、若い頃は「なーんにもないただの田舎」だと思っていました。しかし、大人になって、客観的に見てみると、ネタ豊富であることに気づき、秩父の雑誌を作ったらおもしろいだろうな……と、いつしか考えるようになりました。しかし、このご時世にそんな狭い地域を対象とした雑誌など当然無いよなと思っていました。

    ところが、昨年のお正月、久しぶりに行われた小学校の同窓会で、私と同じように出版業界で働く同級生と再会しました。それが、出版社キラジェンヌの専務取締役である保泉昌広です。彼も、私と同じように秩父の雑誌を作りたいと考えていたことを知り、その時の盛り上がりと勢いで、数名の仲間を集めて秩父市内に会社を設立。その同窓会から約10カ月後に、秩父地域のローカル雑誌「ちちぶマガジン」を創刊させてしまいました。まさか、私の妄想が現実になるとは……。

    昨年の夏は、創刊号を作るために何度も秩父へ通い、さまざまな方に会って取材をしました。秩父人はどちらかというと人見知りの方が多く、最初は警戒されます。でも、興味を持って話を聞くうちに、徐々に打ち解けて、お会いした方はどなたも一生懸命に話をしてくれました。「自分が生まれ育った土地なのに、こんなにも知らないことがたくさんあったのか」と驚くことばかりでした。

    11月に創刊すると、うれしいことに、あっという間に評判は広まり、多くの方から、感想をいただきました。「おもしろかった」「次号も楽しみ」「こんなにクオリティの高い雑誌が秩父で出るなんて!」などのうれしい感想ばかりで、私の約20年の編集者人生の中でも、こんなに多くの方に直接お褒めの言葉をいただいた仕事はなかったんじゃないかなと思いました(笑)。その中でも特に「ずっと取っておいて何度も読み返したい」とコメントを下さった方がいて、こう言っていただくことこそが、紙媒体を出す意義だな、と思いました。

    「ちちぶマガジン」は、ガイドブックや情報誌ではなく「ライフスタイル&カルチャー誌」です。地元の人が読んでも、旅行者が読んでもおもしろいと思えるものを目指して作っています。また、地元の方が読んで、地域の良さを再認識し地元愛が深まれば、地域全体が活気づくのではないか。さらには、この雑誌を通じて、地元の人と旅行者、移住者、企業など、秩父地域に関わる人、興味を持ってくれる人を繋ぎ、地域をより一層盛り上げていきたいというのも私たちの思いです。

    ネットメディア全盛の今、雑誌は古い媒体というイメージもありますが、この雑誌を作ったことにより、雑誌媒体の価値や役割を、改めて感じることができています。


    キラジェンヌ「ちちぶマガジン」編集長
    相馬由子―SOUMA Yuko
    1976年生まれ。リクルートでフリーマガジン「R25」「L25」などの創刊・編集に携わる。2010年に独立。制作会社・ディライトフル代表。


    「ちちぶマガジン」
    秩父地域(1市4町1村)の文化や歴史、グルメ、アウトドア、ライフスタイルなどを、地元ならではの視点で深掘りする雑誌。4月19日(金)発売の第2号の特集は、「アウトドアスタイル・クリエーター四角友里さんと歩く春の長瀞アルプス」「グルメ企画・秩父を食べ尽くせ!」「秩父オオカミ伝説」ほか。

    ちちぶmagazine 2019年 06月号
    著者:
    発売日:2019年04月19日
    発行所:キラジェンヌ
    価格:980円(税込)
    JANコード:4910180480690

    (「日販通信」2019年4月号「編集長雑記」より転載)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る