• fluct

  • 映画「九月の恋と出会うまで」原作小説を復刊から18万部の大ヒットに導いた仕掛け人に聞く「復刊市場の今」

    2019年03月09日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    復刊プロデュース文庫の現在。今は絶版がほとんどなくなってきている!?

    ――第1弾の『九月の恋と出会うまで』以降、復刊プロデュース文庫はどうなったのでしょうか。

    谷藤:うちは第1弾から第4弾まで一緒にやらせていただいたのですが、第1弾の『九月の恋と出会うまで』が成功したので、その後はTSUTAYAさん以外の書店さんにもとても話がしやすかったです。結局、全部重版がかかりました。

    栗俣:双葉社さんとは第4弾以降も何度かご一緒させて頂きました。現在「復刊プロデュース文庫」としては第13弾までリリースしていますね。

    ただ、今は復刊だけじゃなくて、既刊・新刊のプロデュースもやってます。

    ――復刊に限定しなくなったのには何か理由があるのでしょうか?

    栗俣:実をいうと、絶版って今ほとんどなくなっているんですよ。電子書籍が普及したおかげですね。

    ――なるほど! 電子書籍で出版されている場合、絶版とは言いませんよね。絶版してないから、復刊しようがないと。

    栗俣:まさにそうです。なので最近は「既刊の掘り起こし」をやっています。

    発売からしばらくたつと、「在庫は店の棚に1冊しかない」みたいな状態になってしまう。そうすると、急に動かなくなってしまうんですね。そうなってしまったタイトルをもう1回盛り上げよう!という取り組みです。毎月数作品をTSUTAYAでプロデュースしています。

    やり方は復刊プロデュース文庫と同じで、僕はずっと装丁を担当してます。最近だと僕が絵師さんをコミケで探してきて、表紙のデザインをお願いすることもあります。

    ――今やもう、栗俣さんは書店員なんだか、何者なんだかわかりませんね(笑)。

    書店店頭には今どんなトレンドが来ているのか

    ――今後こういうタイプの本が売れそう、来そうみたいなのはありますか?

    栗俣:実は今、小説の原案を5作品ぐらい同時にやっていて、あまり言えないところもあるんですけど……。

    ――そこは企業秘密でしょうか(笑)?

    栗俣:書店員ならみんな分かっていると思うんですが、さきほど言った通り、最近はジャンルを問わず、小説には読みやすい文章が求められています。ストーリーがおもしろくても、説明が多いと、読みづらいと敬遠されてしまう。

    最近、一番読みやすさを追求しているのがビジネス書。いかにわかりやすくして最後まで読ませるかに注力しています。もちろん良し悪しはありますけど、一つの正解ではある。

    まずは読んでもらわないと仕方がない。最後まで本を読み通した人は、本を読破したという成功体験が生まれる。成功体験があれば、次の作品も読んでもらえるんです。

    だから、最初に難しそうと思われたら、そこでおしまいなんですよ。なので、今、作品が売れるためのポイントの一つは、最初の4ページぐらいで世界観がちゃんと伝わって、しかも続きが気になるようなエピソードをきちんと入れることです。

    最初の4ページをどう使うかが重要なんです。僕が原案をやっている作品は、全部そこに注意しています。

    ――漫画の連載だと「第1話が肝心」という認識を作家さんも読者も持っていると思うんですが、小説も同じなんですね。

    栗俣×谷藤プロデュースの初コミックはまさかの百合もの!

    ――今度お二人で漫画もプロデュースされるとか。

    栗俣:Webコミックサイト「GANMA!(ガンマ)」の連載作品です。はじめて読んだときに「これは!」と思い、谷藤さんに声をかけて双葉社さんから単行本で出すことに。まさかの百合ものです(笑)。

    谷藤:そうそう、『飛野さんのバカ』というタイトルです。正直、百合ものは全然分からないので、担当になってもらった編集者を中心に、デザインとかいろいろ揉んでいるところです。

    飛野さんのバカ 1
    著者:筋肉☆太郎
    発売日:2019年03月
    発行所:双葉社
    価格:682円(税込)
    ISBNコード:9784575852806

    栗俣:なんでこの作品なのかと言うと、百合ものでありながら、“からかいもの”なんですよ。もう鉄板じゃないですか。しかも絵柄はきらら系です。

    ――“からかいもの”といえば、『からかい上手の高木さん』が人気ですしね。漫画のトレンド全部押さえてますね!

    谷藤:今、書店員さんに読んでもらうためのプルーフを作っているところです。書店員さんもなかなかWeb漫画までチェックしきれてないと思うので。うちも気合いが入っているので、楽しみにしていてください!

    まだまだ出版業界にはやれることがある

    ――『九月の恋と出会うまで』の復刊プロデュースを通して、見えてきたものはありますか。

    栗俣:今回、現場の意見をきっかけに復刊した作品が、映画化までされるという夢のようなことが起きました。そういうことが我々書店員にはできるんです。

    多分書店員のみなさんには「この作品は絶対売れるはず」と思っているタイトルがあるはず。そういうタイトルがあったら、どんどん仕掛けていきましょう!

    谷藤:『九月の恋と出会うまで』復刊のきっかけは、栗俣さんの作品への熱い思い。いわばゼロだった状態から復活し、映画にもなったわけです。いろいろ厳しい出版業界ですが、まだまだやりようがあるなと思います。

    九月の恋と出会うまで
    著者:松尾由美
    発売日:2016年02月
    発行所:双葉社
    価格:693円(税込)
    ISBNコード:9784575518702

    どんでん返し
    著者:笹沢左保
    発売日:2014年02月
    発行所:双葉社
    価格:639円(税込)
    ISBNコード:9784575516517




    1 2
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る