• fluct

  • 「元カレのSNSを見てしまう」そんなあなたは要注意!“モトカレマニア度”をチェック

    2019年03月10日
    楽しむ
    日販 コミック仕入課 松生
    Pocket

    あなたは、こんな経験ありますか?

    ・元カレの名前をSNSで検索してしまう
    目の前の男性と元カレを比べたり、共通点を探してしまう
    ・元カレの誕生日や好きだった店をはっきり覚えている

    少しでも心当たりがある人は、“モトカレマニア”かも。

    今回紹介する漫画『モトカレマニア』の主人公・難波ユリカは、19歳の頃にバイト先で出会った恋人・マコチとケンカ別れして5年、かなり重度の“モトカレマニア”となってしまった27歳の女性。

    別れてから新しい恋人はできたもののイマイチで、「あれ、もしかして私、すごくいい男性を逃してしまったのでは」と気づいたのも後の祭り。

    思い出の中のマコチは美化されていき、やがて“100点満点の彼氏”という概念に進化。ユリカは、脳内マコチと会話して勝手に励まされるまでになってしまいました……。

    今回は彼女の行動を紹介しながら、あなたの“モトカレマニア度”をチェックしてみましょう!

    モトカレマニア 01
    著者:瀧波ユカリ
    発売日:2018年03月
    発行所:講談社
    価格:463円(税込)
    ISBNコード:9784065111222

     

    【マニア度:25%】元カレのSNSをチェックしてしまう

    ユリカの生活は、SNSで元カレの名前を検索し、該当者がいないことを確認することから始まります。

    マコチの本名は「斉藤 真」というよくある名前。毎日検索しているので、港区の「斉藤 真」さん、山形県の「斉藤 真」さん……と日本中の「斉藤 真」さんを把握してしまう勢いです。

    ついつい気になって元カレの名前をSNSで検索してしまうあなたは、“モトカレマニア”の素質あり。

    別れるときは顔も見たくないほど嫌いだったとしても、元カレは、一度は好意を抱いていた相手。「今、どうしているんだろう」と気になる気持ちもわかりますが、見るときは心の準備を。

     

    【マニア度:50%】何でも元カレとの思い出と結びつけてしまう

    夕焼けを見るとマコチの部屋が西向きだったことを思い出し、居酒屋に入れば「昔マコチと入ろうか悩んだ店だ」と思い出し……。

    ユリカの日常には、いたるところに元カレとの思い出がひそんでいます。

    ひょんなことから元カレのことが思い浮んでしまうあなたは、なかなかの“モトカレマニア”。

    思い出の場所に行ったときや、当時一緒に聴いていた曲を耳にしたときなど、寂しさを感じると元カレのことを思い出してしまいがち。

    ユリカもマコチとの甘い思い出を反芻することで幸せを感じていますが、そうすることでさらに美化されているような気もします。

     

    【マニア度:75%】元カレとの共通点を見つけてときめく

    勤め先の不動産屋で「山下さん」という男性を担当することになったユリカ。内見のために待ち合わせした際、“モトカレスカウター”が搭載されているユリカは、すかさず山下さんの首元にホクロがあるのを発見します。

    それは、マコチの首にあったのとまったく同じ場所……。

    ユリカはそんなささいな共通点にさえときめいてしまい、営業中にホクロばかり見ていたせいで、後日道端で山下さんと会ったときに顔と名前が一致しないほど。

    目の前の男性と元カレとの共通点を探してしまうあなたは、かなりの“モトカレマニア”。

    ホクロとまではいかなくても、「元カレと同じ柔軟剤だ……」「好きな食べ物が元カレと同じだ………」など、元カレとの共通点ばかりに目がいってしまうという経験はあるのではないでしょうか?

    ユリカはマコチとの共通点を見つけたことで優しく接し、山下さんもまんざらでもないようす。しかしこれは、山下さんそのものを見ているとはいえません。

    相手に失礼にならないように気を付けて。

     

    【マニア度:100%】妄想の元カレと脳内で会話してしまう

    会社の面接に行くときも、仕事が決まったときも、「ねぇ、マコチ!」「マコチ、見ててね!」と脳内マコチに話しかけ、励ましてもらっているユリカ。もはや心の支えです。

    脳内で妄想の元カレに話しかけてしまったら、重症の“モトカレマニア”。

    ここまできてしまったら要注意。モトカレマニア全開だったユリカの日々にも、ある日大激震が走ることとなります。

    それは「“本物のマコチ”との再会」。

    過去の恋愛を消化できていないユリカは、脳内マコチと現実のマコチとのギャップに苦しみつつ、愛憎ないまぜになった謎のテンションで彼の気を引くためにメイクを変えてみたり、脳内会議を開いてみたりと大忙し。

    はたしてユリカとマコチはどうなるのでしょうか!! そして、さりげなくいい感じだった「山下さん」にも秘密が……!!!

     

    あなたの「モトカレマニア度」はいかがでしたか?

    今回紹介したエピソードはほんの一部。「もういないのに“いる”彼氏の存在」に振り回され、奮闘するユリカの姿には釘付けになること間違いなしです。

    気になった方は、まずは試し読みから!

    なお『モトカレマニア』は、現在月刊漫画誌「Kiss」(講談社)にて連載中です。

    『モトカレマニア』を試し読み!

    ▼『モトカレマニア』(既刊2巻)

    モトカレマニア 01
    著者:瀧波ユカリ
    発売日:2018年03月
    発行所:講談社
    価格:463円(税込)
    ISBNコード:9784065111222
    モトカレマニア 02
    著者:瀧波ユカリ
    発売日:2018年11月
    発行所:講談社
    価格:475円(税込)
    ISBNコード:9784065139028




    タグ
    Pocket

  • 広告用

    20190320
  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る