• fluct

  • 『その女アレックス』著者のゴンクール賞受賞作が映画化!「天国でまた会おう」ほか今週公開の映画

    2019年03月02日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ◆◆◆ 本・コミックが原作の映画公開情報や、映画の関連本をまとめて紹介しています ◆◆◆

    3月1日公開「移動都市/モータル・エンジン」

    大きな都市が生き物のように移動するさまが「ハウルの動く城」を彷彿させますが、内容はまったく異なるSFアクション。

    原作は、イギリスの作家 フィリップ・リーヴさんの同名小説です。

    あらすじ
    たった60分で文明を荒廃させた最終戦争後の世界。
    残された人類は空や海、そして地を這う車輪の上に移動型の都市を創り出し、他の小さな都市を“捕食”することで資源や労働力を奪い生活している。
    “都市が都市を喰う”、弱肉強食の世界へと姿を変えたこの地上は、巨大移動都市“ロンドン”によって支配されようとしていた。
    他の都市を次々に飲み込み成長を続けるロンドンを前に、小さな都市と人々が逃げるようにして絶望的な日々を送る中、一人の少女が反撃へと動き出す――。

    (映画「移動都市/モータル・エンジン」公式サイトより)

    原作はこちら

    移動都市
    著者:フィリップ・リーヴ 安野玲
    発売日:2006年09月
    発行所:東京創元社
    価格:1,034円(税込)
    ISBNコード:9784488723019

     

    3月1日公開「映画ドラえもん のび太の月面探査記」

    『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞を受賞、『かがみの孤城』で2018年本屋大賞に選ばれた辻村深月さんによる書き下ろし脚本。物語の鍵を握るルカ、ルナのほかに、ジャイアン顔負けの歌声をもつ「アル」、ちょっとドジなところがのび太そっくりなぐるぐるメガネの「ノビット」など、愉快なキャラクターも多数登場します。

    なお辻村さんは、「聖書の続きを書くようなものだった」「もしドラえもんがいなければ、私は今と同じ形で小説を書いていなかっただろうし、作家になることもなかったと思う」とコメントを寄せるほどのドラえもんファン。

    2005年に刊行された『凍りのくじら』は、章タイトルがすべて「ドラえもん」のひみつ道具になっています。

    あらすじ
    月面探査機が捉えた白い影が大ニュースに。のび太はそれを「月のウサギだ!」と主張するが、みんなから笑われてしまう…。そこでドラえもんのひみつ道具〈異説クラブメンバーズバッジ〉を使って月の裏側にウサギ王国を作ることに。
    そんなある日、不思議な少年・ルカが転校してきて、のび太たちと一緒にウサギ王国に行くことに。そこでのび太は偶然エスパルという不思議な力を持った子どもたちと出会う。
    すっかり仲良くなったドラえもんたちとエスパルの前に謎の宇宙船が現れる。エスパルはみんな捕えられ、ドラえもんたちを助けるためにルカも捕まってしまう!

    はたしてのび太たちはルカを助けることができるのか!?

    (「映画ドラえもん のび太の月面探査記」公式サイトより)

    小説版はこちら

    のび太の月面探査記
    著者:藤子・F・不二雄 辻村深月
    発売日:2019年02月
    発行所:小学館
    価格:1,980円(税込)
    ISBNコード:9784093865296
    小説映画ドラえもんのび太の月面探査記
    著者:藤子・F・不二雄 辻村深月
    発売日:2019年02月
    発行所:小学館
    価格:880円(税込)
    ISBNコード:9784092312760

     

    3月1日公開「九月の恋と出会うまで」

    恋愛映画初主演となる高橋一生さんと、川口春奈さんのダブル主演作。

    タイムリープもののSFラブストーリーですが、メインキャラクターの2人が生きているのが、声の主である“一年後の誰か”によってやり直されようとしている世界だという点が特徴です。

    “未来の声の主”はタイムリミットの日に明らかになりますが、ポイントは、それによって2人の運命が再び交わり始めるということ。さて、物語の真相はどこにあるのでしょうか?

    あらすじ
    ちょっと不思議なマンションに引っ越してきた志織は、小説家志望の風変わりな隣人平野と出会う。
    そして、新しい部屋で突然聞こえてきた不思議な声――

    「こちらは一年後の未来です。あなたに危険が迫っている」

    それは強盗殺人にあうところだった志織を助けようと時空を超えて届いた、未来からの誰かの声だった。
    相談を受けた平野は、助かった志織に〈タイムパラドックス〉が生じることに気づく。
    それは一年後、志織の存在が消えることを意味していた。

    志織が助かるためには未来の声が誰なのかをつきとめて、一年後に同じことを再現してもらわなければならない。
    タイムトラベルをしてまで志織を助けたかったのは、一体誰なのか――

    一緒に未来の声の主探しに協力するうちに、急速に惹かれ合っていく平野と志織。
    しかし自分の殻を破れずにいる平野は、志織にとって自分が運命の相手=未来の声の主ではないと考えるようになる。
    志織が時間〈タイムパラドックス〉によって消されてしまうまで、あと一年。

    次第に平野との別れは近づいていた――。

    (映画「九月の恋と出会うまで」公式サイトより)

    原作はこちら

    九月の恋と出会うまで
    著者:松尾由美
    発売日:2016年02月
    発行所:双葉社
    価格:693円(税込)
    ISBNコード:9784575518702

    公式フォトブック・漫画版も発売中

    映画「九月の恋と出会うまで」OFFICIAL PHOTO BOOK
    著者:「九月の恋と出会うまで」製作委員会
    発売日:2019年02月
    発行所:双葉社
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784575314298
    九月の恋と出会うまで 上
    著者:菅田うり 松尾由美
    発売日:2019年02月
    発行所:双葉社
    価格:682円(税込)
    ISBNコード:9784575337532

     

    3月1日公開「天国でまた会おう」

    イギリス推理作家協会賞を受賞、日本でも「このミステリーがすごい!」大賞ほか、高い評価を得た『その女アレックス』。

    その著者 ピエール・ルメートルの作品のなかでも「意欲的な異色作」として評価され、ゴンクール賞に輝いた『天国でまた会おう』がついに映画化されました。

    あらすじ
    1918年、休戦目前の西部戦線。
    生き埋めにされたアルベールを救ったエドゥアールは、その時に顔に重傷を負ってしまう。
    パリに戻った二人を待っていたのは、戦没者は称えるのに帰還兵には冷たい世間だった。
    仕事も恋人も失ったアルベールと、生還を家族にひた隠しにするエドゥアール。
    そこに、声を失ったエドゥアールの想いを“通訳”する少女が加わった。
    一度は負けた人生を巻き返すために、彼らは国を相手にひと儲けする大胆な詐欺を企てる。
    だが、そこには隠された本当の目的があった──。

    (映画「天国でまた会おう」公式サイトより)

    原作はこちら

    天国でまた会おう 上
    著者:ピエール・ルメートル 平岡敦
    発売日:2015年10月
    発行所:早川書房
    価格:814円(税込)
    ISBNコード:9784151814518




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る