• fluct

  • 吉田修一『横道世之介』の続編が発売!あの愛すべきキャラによる“青春小説の金字塔”ふたたび

    2019年02月20日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    大学進学のため、18歳で長崎から上京した横道世之介を主人公に、愛すべきキャラクターが引き寄せるさまざまな出会いと笑いを描いた吉田修一さんの『横道世之介』。2013年には高良健吾さん主演で映画化された、今なお高い人気を誇る作品です。

    その前作の発売から10年となる今年、待望の続編が2月20日(水)に発売されました。

    1993年、24歳の世之介を主人公に描かれている本作では、果たしてどんな物語が展開されているのでしょうか? “青春小説の金字塔”と評される本シリーズの魅力について、中央公論新社・文芸編集部の金森航平さんに文章を寄せていただきました。

    続横道世之介
    著者:吉田修一
    発売日:2019年02月
    発行所:中央公論新社
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784120051630

     

    人生のダメな時期、万歳。青春小説の金字塔ふたたび!

    前作『横道世之介』(文春文庫所収)は2010年に柴田錬三郎賞を受賞、2013年には高良健吾さん主演で映画化され、現在累計27万部のベストセラーとなっています。吉田修一さんの代表作『悪人』『怒り』が人間の黒い感情を描き出す作品であることに対して、本作は人間の温かな感情に焦点を当てた「白吉田の代表作」です。

    『続 横道世之介』の舞台は1993年。主人公の世之介は、バイトとパチンコで食いつなぐ24歳。いわゆる人生のダメな時期にあるのですが、なぜか彼の周りには笑顔が絶えません。鮨職人を目指す女友達、大学時代からの親友、美しきヤンママとその息子。世之介に関わった人々の想いが交錯し、27年後、オリンピックに沸く東京に、小さな奇跡を生み落とします。

    「『青春小説の金字塔』という言葉が、これほど相応しい作品はありませんよ!」

    『続 横道世之介』を読んだ方からこんな感想をいただきました。青春小説と聞くと、「部活で全国大会を目指す物語」や「イケメンや美少女とのキラキラした恋愛」を思い浮かべがちです。ですが、実際にそんな青春時代を過ごした人は少ないのではないでしょうか。(もちろん、そんな青春を疑似体験できるのも楽しみではあるのですが!)

    一方で、本作は誰にでも必ずある「人生のうまくいかない時期」を描いています。そして、そんな時期も決して無駄ではない、ということに気づかせてくれる小説です。

    この本を読んだすべての人にあてはまる物語。そういう意味合いで、この作品は確かに「青春小説の金字塔」なのだと思います。

    初回限定で、著者の吉田修一さんからのメッセージカードも同封されております。ぜひこの機会に、お手にとっていただけますと幸いです。

    中央公論新社 文芸編集部 金森航平

    ▼前作は文春文庫から発売中

    横道世之介
    著者:吉田修一
    発売日:2012年11月
    発行所:文藝春秋
    価格:832円(税込)
    ISBNコード:9784167665050

     

    関連記事

    吉田修一『犯罪小説集』が綾野剛・杉咲花出演、「楽園」のタイトルで映画化
    吉田修一さんインタビュー:最新作は5つの“犯罪”を描く『犯罪小説集』




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る