• fluct

  • 優しさに包まれる人続出!Twitterで大反響を呼んだ『きつねくんと先生』単行本化

    2019年02月12日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 浅野
    Pocket

    漫画家の園田ゆりさんが「#ナナライ奇譚」のハッシュタグでtwitterに公開し、話題となっていた『きつねくんと先生』の書籍化が決定しました。

    単行本は2月23日(土)にリブレより発売予定。また、発売決定とあわせて「くろふねピクシブ」での連載がスタートし、現在「きつねくんと先生」「きつねくんとプリン」の2話公開されています。

    きつねくんと先生
    著者:園田ゆり
    発売日:2019年02月
    発行所:リブレ
    価格:738円(税込)
    ISBNコード:9784799742181

     

    なぜか生徒にきつねが紛れていた

    『きつねくんと先生』のメインキャラクターは、小さな「きつねくん」と、小学校に勤める「先生」。

    ある日先生は、担当しているクラスの生徒になぜかきつねがいることに気がつきました。

    先生は、人間の世界に“化けて”紛れている存在が、なぜか元の姿で見えてしまう体質。

    周囲の生徒はきつねくんの正体に気づいていないようで、きつねくんは毎日のように学校を訪れては、教室でお絵かきしたり、遊びに混ざろうとしたりします。

     

    無表情のようで感情豊か、健気でかわいいきつねくん

    しかしきつねくんは人間に化けるのが苦手で、言葉も話せないようす。

    先生はそんなきつねくんを気にかけ、おうちを訪問したり、看病したりしているうちに、少しずつ距離が縮まっていきます。

    その過程で、きつねくんは実は油揚げよりもプリンが好きだったり、泳ぐのが上手だったりと、いろんな面が見えてくるのです。

    ▼楽しそう。

     

    ▼浴衣姿で縁日へ。

     

    ▼twitterで公開されたエピソードの中の、筆者のお気に入りはこちら。


    話せないけれど表情豊かで健気なきつねくんがかわいらしく、穏やかで優しい先生との日常にほっこり癒される漫画です(先生の「~なのだ」口調もじんわりきます)。

    単行本化にあたり、きつねくんが一生懸命ひらがなを練習するエピソードなど、描き下ろしを30ページ以上追加!

    また単行本の発売と同日より、サンキューマートでのオリジナルコラボグッズ販売も始まります。

    コミックス特典情報
    ●アニメイト… 描き下ろしマンガ入りリバーシブルカード
    ●クロフネゆるよん応援店… 描き下ろしペーパー
    ●丸善ジュンク堂書店… 描き下ろしペーパー
    ●とらのあな… 描き下ろしイラストカード
    ●文教堂・アニメガ… 描き下ろしイラストカード
    ●未来屋書店… 描き下ろしイラストカード
    ●Amazon… 描き下ろしスマホ&PC壁紙データ配信

    ※特典の配布状況は各書店・店舗ごとに異なる場合があります。
    ※特典は、一部店舗では実施しない場合もあります。
    ※特典はなくなり次第、配布終了となります。
    ※くわしくは各書店・店舗へお問い合わせください。

    ©Yuri Sonoda/libre 2019



    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る