• fluct

  • 目が癒される……!「ラピュタ」「もののけ姫」を手がけたアニメ美術監督 山本二三の集大成となる画集が発売

    2019年02月09日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ストーリーやキャラクターだけでなく、“心の原風景”と呼びたくなるような美しい美術でも人気を集めるスタジオジブリの作品。

    「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」「時をかける少女」などで美術監督として活躍した山本二三(やまもと にぞう)さんの画集『山本二三百景 新装版』が、2月7日(木)に枻出版社より発売されました。

    『山本二三百景 新装版』は、山本さんの40年以上にわたる画業のなかでも最も思い入れのある背景画や、故郷の長崎県五島をはじめ、納得するまで時間をかけて描かれた日本各地の原風景など100点を収録した集大成ともいえる一冊。

    色彩と忠実に再現すべく最高品質の印刷技術をほどこし、インタビューページ「山本二三物語」では、山本二三さんの知られざるターニングポイントや、今の彼を創り上げた人・もの・こと、これから伝えていきたいことなどまでたっぷり紹介。

    巻末には全点解説が収録され、美術的視点からの解説はもちろん、どのような思いで作品を描いたのかなど、創作の裏側まで知ることができる内容となっています。

    山本二三百景 新装版
    著者:山本二三
    発売日:2019年02月
    発行所:枻出版社
    価格:3,300円(税込)
    ISBNコード:9784777954452

    収録絵画(100点のうち一部抜粋)
    ・高円寺上空(ルパン3世 2ndシリーズ)
    ・大阪の夜(じゃリン子チエ 劇場版)
    ・荒廃したラピュタ(天空の城ラピュタ)
    ・墓標と巨樹(天空の城ラピュタ)
    ・月夜(天空の城ラピュタ)
    ・裏通り(火垂るの墓)
    ・火垂るの家(火垂るの墓)
    ・空襲(火垂るの墓)
    ・駅(火垂るの墓)
    ・シシ神の森(もののけ姫)
    ・コダマの道(もののけ姫)
    ・時計塔の中(千と千尋の神隠し)
    ・釜爺の舞台(千と千尋の神隠し)
    ・銭婆の部屋(千と千尋の神隠し)
    ・踏切(時をかける少女)
    ・理科実験室(時をかける少女)
    ・山に帰る鹿(ミヨリの森)
    ・マリア像と長崎の夜
    ・グラバー邸
    ・めがね橋
    ・倉敷~記念日通り~
    ・天橋立(海の京都)
    ・マチュピチュ(インカ帝国展)
    ・アスラーガの街(世界樹と不思議のダンジョン)
    ・高浜と頓泊(五島百景)

    イメージボード(8点)
    買い出し(火垂るの墓)/水浴(火垂るの墓)/白い貯水池の建物(火垂るの墓)/野荒らし(火垂るの墓)/夜の壕(火垂るの墓)/噴煙(火垂るの墓)/三ノ宮駅構内(火垂るの墓)/哀しい点描(火垂るの墓)

    美術設定(8点)
    清太の家の前の通り(火垂るの墓)/神戸・三宮駅周辺(火垂るの墓)/国民学校 中央入口(火垂るの墓)/ゴーヤ棚(設定画)(時をかける少女)/真琴の家(設定画)(時をかける少女)




    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る