• fluct

  • 菅田将暉主演「アルキメデスの大戦」本編映像初公開!完全再現された「戦艦大和」の姿も

    2019年01月23日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    菅田将暉さん主演映画「アルキメデスの大戦」(7月26日公開)の本編映像が解禁されました。

    ゼロ戦を圧巻のVFXでスクリーンによみがえらせた「永遠の0」以来、山崎貴監督が再び第二次世界大戦を描くこととなる本作。

    公開された映像では、山崎貴監督が徹底的にリサーチし、最新技術を駆使して“完全再現”を目指した「戦艦大和」の姿がお披露目されています。

    映画「アルキメデスの大戦」は、『ドラゴン桜』で一世を風靡した三田紀房さんの同名漫画を実写化したもの。

    1930年代の大日本帝国海軍を舞台に、アメリカとの開戦を視野に入れ「戦艦大和」の建造を推し進めたい上層部と、その裏に隠された不正を暴くべく招かれた天才数学者とが、日本の命運をかけた頭脳戦を繰り広げるという内容の作品です。

    発売日:年月
    発行所:
    価格:円(税込)
    ISBNコード:9784063827811

    主演の菅田将暉さんは、天才数学者・櫂直(かい ただし)を演じるにあたり、クランクイン前から「戦艦の製図」や「数学の板書」を練習していたそう。

    特報映像では、そんな菅田さん演じる櫂の姿や、舘ひろしさんが“俳優人生初の丸刈り”で挑んだ本作のキーパーソン・山本五十六も見ることができます。

    なおこの特報は、2月1日(金)より全国の東宝系映画館にて上映されます。

     

    映画「アルキメデスの大戦」作品情報

    「超巨大戦艦“大和”の建造計画を阻止せよ!」

    日本の未来を懸け、1人の若き天才数学者が前代未聞の頭脳戦に挑む!

    日本と欧米の対立が激化の一途を辿っていた第二次世界大戦前の昭和8年……。大日本帝国海軍の上層部は超巨大戦艦“大和”の建造計画に大きな期待を寄せていた。
    そこに待ったをかけたのは、海軍少将・山本五十六(舘ひろし)だった。
    山本はこれからの戦いに対応するための代替案を提案するが、世界に誇れる壮大さこそ必要だと考える上層部は、「戦艦大和」の建造を支持。
    危機を感じた山本は、天才数学者・櫂直(菅田将暉)を海軍に招き入れる。櫂の数学的能力で、「戦艦大和」建設にかかる莫大な費用を試算し、その裏に隠された不正を暴くことで計画を打ち崩そうと考えたのだ。
    「軍艦の増強に際限なく金が注がれ、やがて欧米との全面戦争へと発展してしまう。そんなことはあってはならない!」と、櫂は日本の未来を守るため、海軍入隊を決意。持ち前の度胸と頭脳、数学的能力を活かし、前途多難な試算を行っていく。だがそこに、帝国海軍内の大きな壁が立ちはだかっていく……。

    監督・脚本・VFX:山崎貴
    音楽:佐藤直紀

    キャスト
    菅田将暉 柄本佑 浜辺美波
    笑福亭鶴瓶 / 小林克也 小日向文世 / 國村準 橋爪功
    田中泯 舘ひろし

    制作プロダクション:ROBOT
    制作協力:阿部秀司事務所、東宝映画
    製作:「アルキメデスの大戦」製作委員会
    配給:東宝

    2019年7月26日(金)全国東宝系にて公開

    http://archimedes-movie.jp/

    ©2019「アルキメデスの大戦」製作委員会




    タグ
    Pocket

  • 広告用

    20190320
  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る