• fluct

  • 浅野いにおの新イラストで文庫化 “超能力×恋”を描く中田永一『私は存在が空気』

    2019年01月15日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部 猪越
    Pocket

    映画化で話題となった『百瀬、こっちを向いて。』や『くちびるに歌を』など、恋愛小説の書き手として知られる中田永一さん。昨年12月には、第29回山本周五郎賞の候補作となった『私は存在が空気』が文庫化されました。

    私は存在が空気
    著者:中田永一
    発売日:2018年12月
    発行所:祥伝社
    価格:702円(税込)
    ISBNコード:9784396344771

    本作は、「自分の存在感を消してしまった少女」が主人公の表題作をはじめ、瞬間移動の力を手に入れた引きこもり少年や、発火能力を持つ木造アパートの住人など、「普通じゃない」少年少女たちの、ラブストーリー6編を収録した短編集です。

    カバーイラストは、単行本に引き続き、『ソラニン』『おやすみプンプン』などで知られる漫画家の浅野いにおさんが新たに描き下ろしたもの。表題作の主人公である、鈴木伊織が描かれています。

    現在、この浅野さんの新イラストを使用した本作のイメージ動画が公開中。切ないBGMとともに、作品の世界観が楽しめる内容となっています。

    あらすじ
    「私は存在が空気」
    ある理由から存在感を消せるようになった鈴木伊織。彼女のことを知るのは、友人の春日部さやか、ただひとり。さやかと話すうちにバスケ部の上条先輩のことが気になりだした伊織は、その“体質”を活かして、先輩のあとをつけ始めたが……。

    「少年ジャンパー」
    顔面偏差値Fランクの引きこもり男子が、“ジャンプ(瞬間移動)”の力を手に入れた。ラノベを買いに出ると、美人の先輩が駅のホームから転落するのを目撃して……。

    「恋する交差点」
    スクランブル交差点をわたると、なぜかトンネル効果をおこし、彼の手と離ればなれになってしまう私。意を決し、彼と渋谷の交差点に挑むと……。

    「スモールライト・アドベンチャー」
    ある日、「ドラえもん」の秘密道具スモールライトが家に届いた。体が小さくなった僕は、想いを寄せるあの子のスカートをのぞきに行くのだが……。

    「ファイアスターター湯川さん」
    ひなびたアパートに、可愛い女子大生が引っ越してきた。だが、彼女は木造家屋に最も歓迎されない住人、“パイロキネシス(発火能力)”の持ち主だった!?

    「サイキック人生」
    天然キャラがコンプレックスの女子高生。ほんの出来心から、禁じられた能力“サイコキネシス”を使って学校でいたずらしたら、オカルト騒ぎで大パニック!

     

    関連記事

    中田永一7年ぶりの長編小説『ダンデライオン』の“悲しき出自”とは




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る