• fluct

  • 『荒ぶる季節の乙女どもよ。』原作者 岡田麿里の脚本でTVアニメ化

    2018年12月01日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「さよならの朝に約束の花をかざろう」の岡田麿里さんと、『それでも僕は君が好き』の絵本奈央さんによる漫画『荒ぶる季節の乙女どもよ。』のTVアニメ化が決定し、ティザービジュアルが公開されました。

    【2019/3/4更新】本作の放送時期が2019年7月に決定! 第1弾キービジュアル・キャラクタービジュアルとキャスト情報が公開されました(くわしくはこちら)。

    アニメ化決定にあわせてメインスタッフも発表。

    原作者の岡田麿里さんが脚本を手がけ、「絶園のテンペスト」の安藤真裕さんと「Fate/Grand Order ―MOONLIGHT|LOSTROOM―」の塚田拓郎さんが監督をつとめることが明らかになりました。

    キャラクターデザインは石井かおりさん、アニメーション制作はLay-duceです。

    ▼漫画を手がける絵本奈央さんからのお祝いイラスト

     

    “性”に振り回される文学少女5人の青春群像劇

    あなたの“はじめて”を、わたしにください――。
    高校の文芸部に所属する小野寺和紗たち女子5人。「死ぬ前にしたいこと」という話題で沸いたある日、部員の一人が投じたある一言……。
    その瞬間から、彼女たちは“性”に振り回され始める。

    『荒ぶる季節の乙女どもよ。』は、「別冊少年マガジン」(講談社)で連載中の作品。岡田麿里さんが原作、絵本奈央さんが漫画を担当しています。

    単行本は第5巻まで発売中。アニメ化を記念して、新デザインのダブルカバー仕様で書店店頭に並びます。

    荒ぶる季節の乙女どもよ。 1
    著者:岡田麿里 絵本奈央
    発売日:2017年04月
    発行所:講談社
    価格:463円(税込)
    ISBNコード:9784063959055

     

    放送開始時期が2019年7月に決定! キャスト情報も解禁(2019/3/4追記)

    TVアニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」の放送開始時期が2019年7月に決定! キャラクタービジュアルとキャスト情報が公開されました。

    小野寺和紗役で河野ひよりさん、菅原新菜役で安済知佳さん、須藤百々子役で麻倉ももさん、本郷ひと葉役で黒沢ともよさん、曾根崎り香役で上坂すみれさん、典元泉役で土屋神葉さんの出演が決定。コメントも到着しています。

    小野寺和紗(CV:河野ひより)
    ザ・普通の妄想女子な文芸部員。新菜の「セックスをしたい」発言により、“性”に振り回されることに…。近頃、幼なじみの泉のことが気になっている。
    愛読書は『モモ』。

    河野ひよりさんのコメント
    原作を初めて読んだときに、和紗の経験する戸惑いや悩みに共感してばかりだったのと、「こんなに色々なものを曝け出している作品があってもいいのか…!」と衝撃を受けました。
    和紗を演じると自分も学生時代に味わったことのある感情がたくさんフラッシュバックして、心が爆発しそうな気持ちになります!
    観ている方にもぜひそんな気持ちを体感してもらえるように、魂を込めて和紗を演じます!どうぞ宜しくお願いします!

    菅原新菜(CV:安済知佳)
    ミステリアスな文芸部員。「死ぬ前にしたいことは?」という話題で、「セックス」の一言を投じ、文芸部に混乱を招く。周囲から「掃き溜めに鶴」と噂されるほどの美少女。
    愛読書は『眼球譚』。

    安済知佳さんのコメント
    部活、勉強、進路、恋愛。
    多感な時期には様々な青春が、至るところで発生していると思います。
    そんな中、この【荒ぶる季節の乙女どもよ。】の青春のキーワードは「性」。
    誰もが通る道といいますか、一度は考えてしまう本能的なものに、思春期の少女達がぐちゃぐちゃに振り回されている様子がとにかく青臭くてひたむきで……大変引き込まれてしまいました。
    菅原新菜として、この物語を荒ぶるのが楽しみです!
    原作とともに、テレビアニメ【荒ぶる季節の乙女どもよ】宜しくお願いします!

    須藤百々子(CV:麻倉もも)
    和紗の親友で文芸部員。あだ名は「もーちん」。これまで恋をしたことがない。
    愛読書は『アルジャーノンに花束を』。

    麻倉ももさんのコメント
    性に振り回される彼女たちが、まっすぐでピュアですごく可愛いです(笑)
    ひとりひとりが自分の問題や疑問に悩み立ち向かっていく姿には胸がぎゅっとなりました…!
    この作品は、思春期の心の揺れ動きがとてもリアルに、繊細に描かれているので丁寧に演じていきたいと思っています!!

    本郷ひと葉(CV:黒沢ともよ)
    謎の作家オーラを醸し出す文芸部員。自身の小説執筆のために、「性」について知ろうとしている。
    愛読書は『コインロッカー・ベイビーズ』。

    黒沢ともよさんのコメント
    純粋に「おっもしろーーい!」とケラケラ笑ったのがはじめて読んだ時の記憶です。
    私が女だからかもしれないのですがパンチのある話なのにたまらなく愛おしくて。
    私が演じるひと葉は口数が少ないけど内包しているエネルギーは割とあるのではと感じています。
    処女たちの本気の苦悩を愛しんでもらえるように演じられたらと思っています。

    曾根崎り香(CV:上坂すみれ)
    文学を愛する文芸部部長。潔癖気味で「性」に奔放な会話をする同級生に嫌悪感を抱いている。
    愛読書は『十二国記』シリーズ。

    上坂すみれさんのコメント
    読んでいると、思春期という得体のしれないものに思い切り顔をはたかれるような感覚に襲われる作品です。
    曾根崎さんは自分に重なる部分が多いキャラクターなので、演じるのがとても楽しみです!

    典元泉(CV:土屋神葉)
    和紗の幼なじみ。
    元々はのんびりした性格だったが、中学生になってから急に背が伸び始め、今ではモテ男子に。
    鉄道が趣味。

    土屋神葉さんのコメント
    まずは文芸部員達の、危うくも美しい春の目覚めに心奪われました。
    女性の思春期を正面からとらえる作品は、自分にとって初めての挑戦であり衝撃的でしたが、心の変化に理性的な理解が追い付かないという思春期ならではの戸惑いには、性別を越えた強いシンパシーを感じました。
    僕が演じる泉は、鉄道マニアの優しき幼馴染。
    不憫かつ悲惨な経験もありつつ、だからこその高校生ならではの輝きと甘酸っぱさを、目一杯生きたいと思います。

     

    TVアニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」作品情報

    スタッフ
    監督:安藤真裕、塚田拓郎
    脚本:岡田麿里
    キャラクターデザイン:石井かおり
    アニメーション制作:Lay-duce

    キャスト
    小野寺和紗役:河野ひより
    菅原新菜役:安済知佳
    須藤百々子役:麻倉もも
    本郷ひと葉役:黒沢ともよ
    曾根崎り香役:上坂すみれ
    典元泉役:土屋神葉

    2019年7月より放送開始

    araoto-anime.com

    ©岡田麿里・絵本奈央・講談社/荒乙製作委員会

     

    関連記事

    “10代の禁断のバイブル”『惡の華』が実写化 脚本は「あの花」の岡田麿里




    タグ
    Pocket

  • 広告用

    20190320
  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る