• fluct

  • 【速報】Twitterユーザーが選んだ2017年のおすすめ漫画は?「俺マンガ大賞2017」BEST10発表!

    2018年01月13日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    第3位

    『月曜日の友達』(既刊1巻)

    月曜日の友達 1
    著者:阿部共実
    発売日:2017年08月
    発行所:小学館
    価格:607円(税込)
    ISBNコード:9784091896216

    中学生になったばかり。まだ知らない。
    傷つくことも。汚れることも。

    「ちーちゃんはちょっと足りない」の阿部共実が放つ最新作は 大人と子供のはざまを懸命に生きる中学生の物語!!
    誰にでもあった「あの頃」に、胸が高鳴る!!

    やわらかスピリッツ『月曜日の友達』より)

    第3位は、『空が灰色だから』『ちーちゃんはちょっと足りない』の阿部共実さんが描くボーイミーツガール『月曜日の友達』となりました。

    『月曜日の友達』の主人公・水谷は、幼さゆえクラスメートとうまく馴染めない、中学生になったばかりの女の子。同じくクラスで浮いている変わり者の男の子・月野に出会い、月曜日の夜に“二人だけの約束”することから物語は始まります。

    これまで阿部共実さんは多くの作品で、思春時の不安定な心情を描いてきましたが、『月曜日の友達』では大人とも子どもともつかない年代だけがもつ一瞬のきらめきを美しく切り取って描いている点が特徴です。

    特に「夜の学校」の描写は鮮烈で、白黒のはずの静止画がカラフルに、しかも動いているように感じてしまうほど。「脳に映像がダイレクトに飛び込んでくる」という稀有な体験ができる、漫画表現の新しい可能性を感じる傑作です。

    〉『月曜日の友達』の試し読みはこちらから

     

    第2位『BEASTARS』(既刊6巻)

    発売日:年月
    発行所:
    価格:円(税込)
    ISBNコード:9784253227544

    肉食獣と草食獣が共存する世界。そこには、希望も恋も不安もいっぱいあるんだ。
    チェリートン学園の演劇部員レゴシは、狼なのにとっても繊細。そんな彼が多くの動物たちと青春していく動物群像劇が始まる!!

    秋田書店公式サイト『BEASTARS』より)

    第2位は板垣巴留さんによる、動物たちの学園ドラマ『BEASTARS』となりました。

    『BEASTARS』の舞台は、肉食獣と草食獣がいっしょに暮らす異世界にある全寮制の学校。演劇部に所属するハイイロオオカミのレゴシを主人公に、ある日校内でアルパカのテムが肉食獣に殺されたところから物語は始まります。

    『BEASTARS』に登場する動物たちは着衣かつ二足歩行ですが、「動物の擬人化」というフレーズの持つかわいらしいイメージとは一味も二味も違います。作中では差別やヒエラルキーなど、人間社会でもおなじみの問題が描かれていますが、そこに動物としての生々しい本能が加わることで、時にグロテスクにさえ感じるドラマが展開されていくのです。

    登場するキャラクターが過度に擬人化されず、動物の外見的特徴を色濃く残しているリアルさも特徴的。独特のスタイリッシュな絵柄も相まって、大人も楽しめる人間(動物)ドラマに仕上がっています。

    部活を舞台にした青春・恋愛ドラマやサスペンス要素もあり、これからの展開が楽しみなエンタテインメント作品です。

    〉『BEASTARS』の試し読みはこちらから

     

    第1位『映像研には手を出すな!』(既刊2巻)

    映像研には手を出すな! 01
    著者:大童澄瞳
    発売日:2017年01月
    発行所:小学館
    価格:607円(税込)
    ISBNコード:9784091892966

    アニメは「設定が命」の浅草みどり、カリスマ読者モでアニメーター志望の水崎ツバメ、金儲けが大好きな美脚の金森さやか。
    ダンジョンへ、戦場へ、宇宙へ--想像の翼を広げて、電撃3人娘が「最強の世界(映像)」を創り出す!

    「月刊!スピリッツ」連載時よりSNSで「すげえ漫画が始まった!」と驚異の拡散! 天才、出現!!

    小学館公式サイト『映像研には手を出すな!』より)

    「俺マンガ大賞2017」第1位に輝いたのは、大童澄瞳さんによる『映像研には手を出すな!』でした!

    『映像研には手を出すな!』は、女子高生3人がアニメ制作に挑む青春物語。「アニメは設定が命」が信条の浅草みどり、カリスマ読者モでアニメーター志望の水崎ツバメ、金儲けが大好きな金森さやかという個性的なメンバーが登場します。

    本作の面白さの背景にあるのは、アニメーションを学んでいたという作者の「妄想力」。純粋な子どものような自由な妄想力が遺憾なく発揮され、ハイレベルな画力で“最強の世界”が生き生きと描き出されています。作画やコマ割りなども遊び心満載で、中でもSNSで話題を呼んだ「パースのついた吹き出し」は必見です。

    秘密基地のように入り組んだ構造の高校、無駄に細かい乗り物の設定画、空想の飛行物で街を飛び回る妄想世界の描写……。これらを見れば、きっとあなたの中にある“小学生男子の心“が動き出すに違いありません。

    〉『映像研には手を出すな!』の試し読みはこちらから

    ***

    漫画好きのTwitterユーザーが選んだ「俺マンガ大賞2017」、いかがでしたか? 漫画というエンタテインメントの新しい可能性を感じる、チャレンジングな作品がたくさんランクインしているように感じました。気になった作品があれば、ぜひ手にとってみてください。

    「俺マンガ大賞」はお祭り的な意味合いで毎年ランキングを発表していますが、本来の目的は「面白かった漫画を人と共有すること」にあり、ランキングは副産物にすぎません。このランキングをネタに、「俺の選んだ漫画の方がもっとおもしろい!」と周囲の人たちとワイワイ語りあっていただければ幸いです。

    今回は速報ということでトップ10のみ紹介しましたが、第11位~第50位の作品も後日ご紹介する予定です。お楽しみに!

    【俺マン2017のトップ50はこちら】
    「俺マンガ大賞2017」トップ50発表!Twitterユーザーが選んだ2017年のおすすめ漫画は?

     

    昨年開催「俺マンガ大賞2016」ランクイン作品はこちら

    【速報】Twitterユーザーが選んだ2016年のおすすめ漫画は?「俺マンガ大賞2016」発表!
    「俺マンガ大賞2016」トップ50発表!Twitterユーザーが選んだ2016年のおすすめ漫画は?




    1 2 3
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る