• fluct

  • ストイックさ限界突破!圧巻のスケールで描かれる竜殺しの物語『ラグナクリムゾン』に要注目【第1巻本日発売】

    2017年10月21日
    楽しむ
    日販 販売企画部 ひこなん
    Pocket

    この日ラグナたちのいた都市は壊滅を免れましたが、国内の7つの都市のうち王都を含めた6つの都市が陥落。一方で竜にとっては、本来の歴史より数十年早く、“死神”が生まれた日となったのです。

    ラグナクリムゾン 死神

     

    最強を手に入れたラグナ。彼の向かう先は……

    そこから始まるのは、ラグナの“竜殺し”の物語。しかしここからの道のりは、レオと一緒ではありません(その理由はぜひ本編で!)。

    その代わりここからは、『ラグナクリムゾン』に欠かせないある重要人物が、ラグナとともに竜殺しの旅に出ます。

    その人物とは、ラグナを未来の自分と引き合わせた張本人である「クリムゾン」。クリムゾンは、6つの血族がある竜族のうちの一つ「翼」の元竜王なのですが、実は“竜殺し”を目論む反逆者です。

    ▼赤髪に黒い帽子を被っているのがクリムゾン。

    ラグナクリムゾン クリムゾン

    ラグナと共闘し竜を滅ぼそうとするクリムゾンに、ラグナは「最後はお前を狩る」と宣言し、2人は新たな旅を始めます。

    ラグナクリムゾン ラグナとクリムゾン

    “ラグナ”と“クリムゾン”が繰り広げる、壮大な滅竜の物語。クリムゾンがなぜ滅竜を望むのか、そしてレオとラグナの関係はここで途絶えてしまうのか?

    まだまだ謎の多い『ラグナクリムゾン』、気になった方は、伝説の始まりである第1話をまず試し読みしてみてくださいね。

    〉試し読みはこちらから
    http://www.jp.square-enix.com/magazine/joker/browse/ragna_01/m/

    『ラグナクリムゾン』単行本第1巻は10月21日(土)全国書店にて発売! 売り切れが予想されますので、ご購入はお早めに。

    ラグナクリムゾン 1
    著者:小林大樹
    発売日:2017年10月
    発行所:スクウェア・エニックス
    価格:627円(税込)
    ISBNコード:9784757555068
    1 2 3
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る