• fluct

  • 〈新学期〉いじめにあわない・させないために、親子で読みたいおすすめ本7選

    2017年04月10日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 清水
    Pocket

    負の連鎖を断ち切るのは“勇気”

    しらんぷり
    著者:梅田俊作 梅田佳子
    発売日:1997年06月
    発行所:ポプラ社
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784591054253

    「ドンチャンが また いじめにあっている。ヤラガセたち4人組は、ドンチャンの画用紙の上に、手伝ってやるなんていいながら、えのぐを ぬりたくっている」
    「ぼくとセイヤとヨッチンは、絵を描くのに一生懸命……なのだ、というふりを、一生懸命にしているだけ」

    心の中でどれだけ「やめろ!」と思っていても、いじめを止めさせる勇気が持てない主人公。どんどんエスカレートしていくいじめっ子たちの行動は、大人も鳥肌が立つほどリアルです。

    そして、知らんぷりをしたがるのは、子どもだけではありません。特に自分の子がいじめをしていたと知った親たちが、保護者会で「そそのかされていただけ」「こそこそ転校して」といじめられっ子をバッシングするシーンは、あくまで人のせいにしたくなる気持ちや「うちの子が巻き込まれなくてよかった」と思う気持ちがあることを気づかせます。

    200ページ以上ある長編作品。読み聞かせの目安は、30分くらいです。さて、物語の最後に主人公が選んだ行動とは?

     

    いじめに遭ってしまったら……

    いきのびる魔法
    著者:西原理恵子
    発売日:2013年01月
    発行所:小学館
    価格:1,100円(税込)
    ISBNコード:9784091791801

    子どもにとっての“世界”は「家」と「学校」だけで構成されることがほとんど。そのため、学校でうまくいかなくなった時に「逃げ場がなくなってしまった」と思い詰めてしまう子どもは多いといいます。

    そんな中で著者・西原理恵子さんが描こうとしているのは、「逃げていい」「(中学校を卒業する)16歳まで生き延びろ」ということ。

    「死にたくなるほど追い詰められるくらいなら、学校なんて行かなくていい」。このことは、親である私たちも心に持っておくべき大切なことだと思います。

    ***

    子どもはあっという間に大きくなってしまう、とよく言われます。きっとそれは、体も心も同じこと。

    筆者も子どもをもつ親ですが、一度読んで終わりではなく、少し経ったらまた読み直して、加害者にも、被害者にも、傍観者にもならない“やさしくて強い心”を親子で育てていけたらなと思っています。

    1 2 3
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る