〈窪美澄さんインタビュー〉『さよなら、ニルヴァーナ』 「少年A」をめぐる女性たちの物語

14歳の時に、8歳の女児を殺害し、その頭部を教会の前に置いた少年A。その少年にどうしようもなく惹かれ、日本のどこかでひっそりと暮らす彼を探す少女・莢(さや)。ふとしたきっかけで莢と知り合い、その姿に亡き娘を重ね合わせてい … 続きを読む 〈窪美澄さんインタビュー〉『さよなら、ニルヴァーナ』 「少年A」をめぐる女性たちの物語