• fluct

  • 【Vol.2:石田夏穂】編集者が注目!2023年はこの作家を読んでほしい!

    2023年01月02日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    新しい年が始まりました。ほんのひきだしでは今年も皆様の読書ライフの充実をお手伝いすべく、人生を豊かにしてくれる、さまざまな魅力あふれる本をご紹介していきます。

    まずは、1月1日より12日間にわたり、各出版社の文芸編集者の皆さんが【いま注目の作家】を紹介する「編集者が注目!2023年はこの作家を読んでほしい!」をお届けします。

    ぜひ、今年の“初読み”にふさわしい一冊を見つけて、書店に足を運んでみてください。

     

    集英社編集者 森田眞有子さんの注目作家は「石田夏穂」

    石田夏穂(いしだ かほ)
    1991年埼玉県出身。東京工業大学工学部卒。
    2021年「我が友、スミス」が第45回すばる文学賞佳作となり、デビュー。
    同作は、第166回芥川賞候補にも選ばれた。他の著作に『ケチる貴方』(講談社)。

     

    ボディ・ビルと就職活動の先にあるものは?

    すばる文学賞の最終候補作の一作だった石田夏穂さんの『我が友、スミス』を読んだとき、なんだこの作品は!と驚いたことを今もはっきりと覚えています。

    本作は、ボディ・ビル大会を目指す会社員の物語なのですが、題材のユニークさはもとより、ウィットに富んだ描写の巧みさにまず惹かれました。さらに、筋肉を鍛えたいのに、大会を目指すとなると、日常生活では考えられないようなピアスをつけたり、ハイヒールを履いたり、脱毛をしたりと、なぜか“女性らしさ”までも鍛えなければならなくなる、という鋭い指摘に、ハッとさせられました。この新しさが評価され、デビュー作ながら芥川賞候補ともなったことを記憶されている方も多いかもしれません。

    そんな石田さんの新作を2023年春に発売するべく、現在準備を進めています。タイトルは『黄金比の縁』。『我が友、スミス』は、ボディ・ビル大会に出場する、いわば選ばれる人の物語でしたが、今作では、新卒採用を担当する人事部の会社員を主人公に、選ぶ人の物語が描かれます。

    主人公の小野は、入社当時は花形部署にいたのですが、とあることをきっかけに内部告発を疑われ、人事部への異動を命じられます。不当人事の恨みをはらすべく、会社にとって不利益になる人物を採用することを決心するのですが、果たしてその選考方法とは……。続きは単行本の発売をお楽しみに。

    フェミニズムやルッキズムなどの言葉が注目されるようになって久しいですが、石田さんの作品を読むと、改めて自分の中に眠っている、実は“時代遅れ”になっている部分に気づけるように思います。

    (集英社 文芸編集部 文芸書編集 森田眞有子)

     

    石田夏穂さんの作品はこちら

    我が友、スミス
    著者:石田夏穂
    発売日:2022年01月
    発行所:集英社
    価格:1,540円(税込)
    ISBNコード:9784087717884

    ◆最新刊は1月26日発売!

    ケチる貴方
    著者:石田夏穂
    発売日:2023年01月
    発行所:講談社
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784065303580

    連載:編集者が選ぶ2023年の注目作家 記事一覧 》




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る