• fluct

  • “本の虫”エリアーナが選ぶ本は?TVアニメ放送中の『虫かぶり姫』選書フェアが全国85書店で開催!

    2022年10月17日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    10月からTVアニメが放送中の『虫かぶり姫』(一迅社)の選書フェアが、10月17日(月)より全国85書店で順次開催されます。

    『虫かぶり姫』選書フェアは、同作品に登場するキャラクターたちが選ぶおすすめの本が展開される企画となっており、主人公・エリアーナをはじめとした主要登場キャラクター5人による9冊が店頭に並びます。

    またフェアに合わせて対象商品をお買い上げのお客様に、描き下ろしイラストを使用した特製しおり(全2種)がランダムでプレゼントされます。ここでしか手に入らない限定ノベルティとなりますので、ぜひ対象の書店に足を運んでみてください!

    『虫かぶり姫』とは
    2015年より小説投稿サイト「小説家になろう」で連載が開始され、一迅社より2016年に刊行されたライトノベル。
    本好きが高じて、“本の虫”ならぬ「虫かぶり姫」と呼ばれる主人公・エリアーナ・ベルンシュタインと、婚約者であるクリストファー・セルカーク・アッシェラルドとの勘違いラブファンタジーです。

    シリーズ累計発行部数は300万部(※電子版を含む)を超え、原作小説第7巻は10月4日(火)に発売、コミックス最新7巻は10月31日(月)に発売予定。さらに、10月6日(木)からTVアニメが放送スタートし、注目を集めています。

    虫かぶり姫 7
    著者:由唯 椎名咲月
    発売日:2022年10月
    発行所:一迅社
    価格:1,320円(税込)
    ISBNコード:9784758094962
    虫かぶり姫 7
    著者:喜久田ゆい 由唯 椎名咲月
    発売日:2022年10月
    発行所:一迅社
    価格:710円(税込)
    ISBNコード:9784758038065

     

    “本の虫”エリアーナがおすすめする本はこちら!

    本好きが高じて「虫かぶり姫」と呼ばれているエリアーナがおすすめする1冊は、『中世実在職業解説本 十三世紀のハローワーク』です。

    「剣士」や「吟遊詩人」など、中世ヨーロッパを中心に実在した100種類以上の職業が紹介されている本作。読書により豊富な知識を身につけているエリアーナも、市井の人たちが実際にどのような生活をしているか気になるようです。

    十三世紀のハローワーク
    著者:グレゴリウス山田
    発売日:2017年02月
    発行所:一迅社
    価格:2,970円(税込)
    ISBNコード:9784758032551

    彼女が選んだ本は全3冊。ほかにもどんな本をおすすめしているか、またクリストファーやほかのキャラクターたちが選んだ本は、ぜひ店頭で確認してみてください。

     

    『虫かぶり姫』選書フェア概要

    10月17日(月)より、対象書店でフェア対象商品、または『虫かぶり姫』原作小説かコミックスをご購入のお客様へ、1冊につき1枚、ランダムで描き下ろしイラストを使用した特製しおり(全2種)をプレゼントします。

    フェア実施店はこちら

    ※特製しおりのプレゼントは店舗ごとに無くなり次第終了となりますのでご注意ください。

    【原作小説・コミック『虫かぶり姫』特設ページ】
    原作小説:https://www.ichijinsha.co.jp/iris/mushikaburihime/

    コミック:https://zerosumonline.com/zerosum/comic/musikaburihime

    【TVアニメ「虫かぶり姫」公式サイト】
    https://mushikaburihime.com/



    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る