• fluct

  • 怖いだけじゃない…論理的な謎解きと得体の知れない恐怖が融合した“ホラー×ミステリー”|歌野晶午『間宵の母』

    PR
    2022年10月08日
    楽しむ
    大矢博子:「小説推理」BOOK REVIEW
    Pocket

    サプライズだけじゃない、怖いだけじゃない。

    圧倒的な「語り」で読者を引っ張る歌野晶午の真骨頂。

    ミステリーとホラーの融合を堪能せよ!


    歌野晶午の「語り」の上手さが炸裂している。

    いや、本当に炸裂という表現がぴったりなのだ。何が起きているのかわからないままに、ぐいぐい引っ張られてしまう。読者を翻弄するそのテクニックたるや。

    新刊『間宵の母』は4章からなる長編である。まず第1章「間宵の父」は小学校3年生の西崎詩穂の視点だ。親友の間宵紗江子の父・夢之丞はイケメンで優しくてお菓子づくりが得意で、クラスの子のヒーロー。母親たちや教師にも大人気だ。ところがその夢之丞が詩穂の母と駆け落ち、失踪したという。紗江子の母は執拗に西崎家を責め、その行動は次第に常軌を逸し始める。詩穂の父は荒れて暴力を振るうようになり、ついに家庭は崩壊・・・・・・。

    というのが第1章の粗筋だが、これは本当に「筋」に過ぎない。詩穂から見た紗江子ちゃんのステキなお父さんの描写、そのお父さんが聞かせてくれたハロウィンのお話。ここまではいい。そのお話に登場するおばけやクリーチャーが本当に目の前に現れるあたりで、一時的に幻想と現実の区別がつかなくなるのだ。

    第2章「間宵の母」は、紗江子が大学生になったときの物語だ。奇怪な行動をとる母親のせいで近所からも迷惑がられている間宵家に、ある人物が忍び込む。第3章「間宵の娘」は就職した紗江子を中心に母娘の話が綴られ、最終章「間宵の宿り」は第1章に登場した詩穂の血縁が視点人物となる。そしてやはり時々、現実と幻想が入り混じったかのような不思議な出来事が起きるのである。

    いったいこの現象は何なのか。立ち止まって考えたいのだが、物語の吸引力が立ち止まることを許さない。それが歌野晶午の炸裂する「語り」だ。小学生女児が不幸と恐怖を淡々と語る第1章。第2章で家に潜む人物の息づかいが聞こえるかのような焦りの描写。第3章(これが怖い!)の幼い少女による毒気たっぷりの大演説。1章ごとに変わる「語り」は、時にはじわじわと恐怖を増し、また時には奔流のような怒涛の勢いで読者を巻き込む。目の前のことに圧倒され、絡め取られ、何が起きているのか裏を考える暇を与えてくれないのだ。

    そして最後の第4章で・・・・・・そこはどうぞ本編でご確認あれ。絵が一気に反転するサプライズとカタルシス。あれはそういうことだったのかと膝を打ったその先のさらなる恐怖。論理的な謎解きと得体の知れない恐怖が見事に融合した、圧巻のホラー・ミステリーである。

    間宵の母
    著者:歌野晶午
    発売日:2022年09月
    発行所:双葉社
    価格:770円(税込)
    ISBNコード:9784575525977

    本書評は、2022年9月8日(木)に文庫版が発売されたことにあたり「小説推理」(双葉社)2020年1月号より転載したものです。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る