• fluct

  • その買い物、ほんとうに必要ですか…?大好評の買い物エッセイ完結!|岸本葉子『「捨てなきゃ」と言いながら買っている』

    2022年07月06日
    楽しむ
    大矢博子:「小説推理」BOOK REVIEW
    Pocket

    もはや買い物は社会派エンターテインメントだ!

    時代と人生を映し出す人気買い物エッセイ、ついに完結。買い物の極意がここにある(かもしれない)。


    岸本さんの買い物エッセイがこれで終わりだなんて!

    岸本さんが何かを欲しいと思い、ああでもないこうでもないといろいろ調べ、実際に買ってみたらどうだった、という、ただそれだけのことが実に面白おかしく綴られた人気エッセイのシリーズである。これが第5巻にして最終巻となるのだそうだ。うーん、寂しい。

    第1巻『買おうかどうか』が出たのは2009年。もう10年前である。(単行本刊行当時)あれを読んで私はデニム調のレギンスと醤油差しを買ったのだった。文庫化の際には買い物にちなんで取説風の解説を書かせていただいた。

    第2巻『買わずにいられる?』ではネットオークション初挑戦や宿の予約サイトなど、ネットを介しての買い物が増えた。2013年の『カートに入れる?』では災害時の非常用持ち出し袋やヘルメットなど世の中を反映した商品が並んだ。私が第2巻のレビューで「岸本さん、靴のインソールに興味はありませんか? 私、買おうかどうか迷ってるんですけど」と書いたら、『買い物の九割は失敗です』にインソールの項があって快哉を叫んだっけ。いや、別に私に答えてくれたわけじゃないだろうけど。おまけに買い物としては失敗に属する方だったけど。

    そして本書では、ネットショッピングはセールや下取りの利用といった上級者向けノウハウを使いこなしてるし、既刊で試行錯誤していたルンバではなくスティックタイプの掃除機を新たに買っているし、スマホでメール処理してるし(パソコンの設定のため自宅に係の人を呼んだ話はどの巻だっけ?)、かといって失敗がなくなったわけではないのだが、えっと、それはそれとして……つくづく思う。買い物の記録とは、人生と社会の記録なのだなあ。

    このシリーズは、もちろん買い物顛末記としてとても面白い。事前調査マニアっぷりをふんだんに発揮して買った挙句失敗するのだから面白くないはずがない。けれど社会が対面販売からネットショッピングへ変わる様子や、ファッションから家電に至るまで流行がどう変わったかなど、その時代の色合いがつぶさにわかるのだ。そして著者の興味や生活に変わった点がある一方で、性格はまったく変わらないことも。それがまた楽しい。

    またぜひ続きが読みたいものだが、ひとまずお別れか。願わくは、著者と読者の今後の買い物生活に幸多からんことを! ところでたるみ取りのタイタンって、そんなに効くの?(慌てて検索)。

    「捨てなきゃ」と言いながら買っている
    著者:岸本葉子
    発売日:2022年06月
    発行所:双葉社
    価格:803円(税込)
    ISBNコード:9784575714920

    本書評は、2022年6月16日(木)に文庫版が発売されたことにあたり「小説推理」(双葉社)2019年10月号より転載したものです。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る