• fluct

  • プロセカ追加で話題の「グッバイ宣言」も!ボーカロイドの“想い”を紡ぐ小説を紹介!

    2022年06月17日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    6月13日(月)、「プロセカ」の愛称で親しまれているスマホ向けリズム&アドベンチャーゲーム「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」で、「グッバイ宣言」(作詞・作曲:Chinozoさん)が新たに楽曲として追加されました。

    2020年の4月に動画投稿サイト・ニコニコ動画とYouTubeで公開された本楽曲。「グッバイ宣言」を使用したダンス動画や、TikTokなどのショート動画などで広く使用されたことも影響し、6月15日(水)時点で9,716万回再生と、1億回に迫る回数で再生された人気曲となりました。

    そんな多くの人に愛されている「グッバイ宣言」が「プロセカ」に追加されたことで、ネット上では「待ってました!」「ついにきた……」と、ゲームを遊ぶファンの歓喜の声がネット上で溢れました。

     

    「グッバイ宣言」の楽しみ方は楽曲・ゲームだけじゃない!

    ゲームに追加されたことでさらに注目を浴びた「グッバイ宣言」。2021年の10月には、その世界観が描かれた小説版が発売されています。

    この小説版は、「もしも『グッバイ宣言』の世界が小説の世界にあったら……」と、作詞・作曲を担当したボカロPのChinozoさんが、曲をモチーフに作り上げた青春ストーリーです。学校や日々の生活に対して、どこか鬱屈した気持ちを抱える主人公が、「ハリウッド女優になる!」というあまりにも大きく、眩しい夢を掲げる少女と出会い、物語が進んでいきます。主人公のぼんやりとした世界が鮮やかに変わっていく様子は、まるで楽曲の持つ疾走感そのものが表現されているかのようです。

    さらに、小説版『グッバイ宣言』の4年後を描いた『シェーマ』も発売中です。前作の主人公が、新たに登場する3人の悩める学生たちを導きます。

    グッバイ宣言
    著者:三月みどり Chinozo
    発売日:2021年10月
    発行所:KADOKAWA
    価格:682円(税込)
    ISBNコード:9784046808400
    シェーマ
    著者:三月みどり アルセチカ Chinozo
    発売日:2022年04月
    発行所:KADOKAWA
    価格:682円(税込)
    ISBNコード:9784046813633

     

    実は小説化されているボーカロイド楽曲も……

    「グッバイ宣言」に限らず、ボーカロイド楽曲の中には、その世界観をもとにしたノベライズ作品が数多くあります。

    ハイテンポでリズミカルな曲調と、悲しくも救いのある歌詞で表現される世界観が愛される一方、「プロセカ」では「あまりにも難しい…」とユーザーを悩ませる「六兆年と一夜物語」は、2015年に小説版が発売されています。

    小説版では、曲そのものだけではなく、この曲を作った楽曲サークル「KEMU VOXX」の描く、命の危うさをはらんだ疾走感が溢れる世界観に迫ることができます。

    六兆年と一夜物語
    著者:KEMU VOXX 西本紘奈
    発売日:2015年10月
    発行所:KADOKAWA
    価格:638円(税込)
    ISBNコード:9784041032428

    かいりきベアさんの楽曲「ベノム」「ダーリンダンス」「失敗作少女」の3作をキャラクター化した小説『ベノム 求愛性少女症候群』は、7月25日(月)に3作目が発売予定のほか、「月刊コミックジーン」(KADOKAWA)ではコミカライズが連載されている注目のシリーズです。

    何かに不満や悩みを抱える10代の女の子たちが、「求愛性少女症候群」という不思議な現象と対峙する青春ストーリーで、小説の1作目が発売された際には、店頭でも多く検索され話題の1冊となりました。

    人気ボカロPの楽曲がキャラクター化、オリジナルストーリーで小説に:本屋で今検索されている本ランキング(2021年4月21日~4月27日)

    ベノム
    著者:城崎 かいりきベア
    発売日:2021年04月
    発行所:KADOKAWA
    価格:682円(税込)
    ISBNコード:9784046803948
    ベノム3 求愛性少女症候群
    著者:城崎 のう かいりきベア
    発売日:2022年07月
    発行所:KADOKAWA
    価格:682円(税込)
    ISBNコード:9784046814081

    ほかにも、ボーカロイドの曲・世界観をもとにした作品は多数刊行されています。

    2000年代後半から2010年代にかけて一大ブームを巻き起こし、「プロセカ」やTikTokなどをきっかけに、10代・20代を中心に新たなブームが起こりつつあるボーカロイドの世界。

    もっと各楽曲や世界観を堀り下げたいと思った方は、ぜひ小説も読んでみてください。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る