• fluct

  • 解体された「十三階」は? 女スパイの“悪魔の計画”とは!? 衝撃のクライマックスへ|吉川英梨『十三階の仇(ユダ)』

    PR
    2022年06月22日
    楽しむ
    大矢博子:「小説推理」BOOK REVIEW
    Pocket

    「十三階」が解体された! コロンビアでの邦人誘拐事件に、「十三階」なしで立ち向かえるのか?

    逆転と興奮に満ちた圧巻のシリーズ第5弾登場。


    警察庁直轄の諜報組織「十三階」シリーズの第5弾である。といっても今回の始まりは今までとはかなり異なる。前作『十三階の母(マリア)』での事件をきっかけに、「十三階」が解体されてしまったのだ。

    非合法な手段も厭わないがゆえに水面下に深く潜ってテロ組織と渡り合ってきた「十三階」。前総理の娘である天方美月衆議院議員は非合法活動を良しとせず、今後は「十三階」の諜報作業を内閣情報調査室が担うと決定。「十三階」のメンバーは僻地へと左遷され、過去の非合法業務で逮捕の恐れのある古池慎一と黒江律子の夫婦は一人息子とともにインドに潜伏していた。

    ところがそんな折り、コロンビアで邦人の誘拐事件が発生。しかも被害者は惨殺されたという。あまつさえ現地に飛んだ外相の身代わりに、「十三階」の元校長・藤本が拉致された。そして誘拐組織は交渉人として古池を指名してきたのである。もとより「十三階」ほどの能力を持たない内調は古池に頼らざるを得ず──。

    今回も圧巻のリーダビリティで読者を一気に物語の世界に連れ込む。このシリーズが(あるいは著者が)すごいのは、安定した設定に甘んじることなく、積み上げてきたものを思い切り壊してみせる勇気だ。「十三階」を潰すというのもそうだし、ダークヒロイン・黒江律子の活躍譚として始まったこのシリーズが、次第に様相を変えていくのも然り。古池が中心になる巻(本書もそうだ)があったり、噛ませ犬だと思っていた悪役が意外な成長を見せたり、かと思えばそれまでの読者の感情移入などどこ吹く風で登場人物を消してしまったりする。

    1巻の中で何度も逆転があるのみならず、シリーズを通してもさまざまな逆転が仕込まれているのだ。特に、ヒロインであったはずの黒江を見よ! 母になってからの変化はこれまでも描かれていたが、本書ではその脆さと強さの両方にブーストがかかる。どの巻を読んでも新たな黒江が登場し、読者を翻弄し、その都度驚かされるのだ。予定調和などどこにもない。だから本シリーズを読むのはやめられないのである。

    解体された「十三階」は果たしてどうなるのか? 本書にも大小さまざまな逆転が仕掛けられているのでお楽しみに。同時に、どうにも不穏な予感しかしないエンディングが待っている。エスピオナージュの醍醐味と濃密な人間模様。早く続きが読みたくてたまらない。

    十三階の仇
    著者:吉川英梨
    発売日:2022年05月
    発行所:双葉社
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784575245189

    「小説推理」(双葉社)2022年7月号「BOOK REVIEW 双葉社 注目の新刊」より転載




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る