• fluct

  • 冲方丁が描く清少納言の生涯 『天地明察』『光圀伝』に次ぐ歴史小説第3弾『はなとゆめ』

    2016年07月23日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部「新刊展望」担当
    Pocket

    名プロデューサー・中宮定子と出会った清少納言

    ―清少納言は、同じ平安の女流文学者である紫式部とよく比較されることもあって「明るい人、才気走ったキャリアウーマン」的なイメージがあります。しかし『はなとゆめ』に最初に登場する彼女は、自信なく、後ろ向きで、不器用で……。だからこそ親近感を抱くことができましたが、正直、意外でもありました。

    沖方:枕草子を読む限り、この人は中宮定子と出会う前はほとんど動きません。「おい、働けよ」という感じ(笑)。ただ、本人にも自分の人生を動かしたいという気持ちがあったからこそ、女房として出仕したのでしょう。そこでたまたま出会ったのが、名プロデューサーみたいな中宮定子。人に何かを与えるというよりは、その人をその人にしてあげる、特殊かつ優れた才能を、中宮定子は持っていました。一条天皇も中宮定子の存在によって聡明で勉学好きな一条天皇になっていったんです。

    中宮定子は、清少納言のこともうまく導きました。枕草子の中でも有名な「香炉峰の雪」のくだりは、中宮定子が清少納言のために万全の舞台装置を作り、ふさわしい場所に連れて行ってあげた、いわば女性どうしの「マイ・フェア・レディ」。二人の関係は、女子高の先輩と後輩に置き換えてもいいと思うし、職場の先輩後輩、上司と部下、女帝と家臣、とにかく理想的な上下関係です。それが枕草子には描かれている。清少納言は自分の人生のかけがえのない記憶として、それを書き記しているわけです。

    さらにおもしろいことに、中宮定子のほうが清少納言より10歳以上若い。中宮定子とは本当にこんなに優れた人だったのだろうか、もしかしたら中宮定子を動かす仕掛け人が向こう側にいたのではないかと疑いもしました。でも、枕草子を読めばそう思うしかないんです。

    ―枕草子は、清少納言が中宮定子のために書いたものであるとともに、大好きなあるじとの愛しい記憶を残すためのものでもあったのですね。

    冲方:清少納言のモチベーションがどこにあるかといえば、中宮定子が与えてくれた自分の位置がまず一つ。そして中宮定子が亡くなった後、彼女はぷっつり枕草子を書いていませんから、これは確実に中宮定子の存在があったからこそのものだろうと言えます。宮中には枕草子ファンも出来ていたので、書き続けていれば読んでくれる人はいたはず。にもかかわらず、中宮定子の死後ほとんど書かれていないということは、やはり中宮定子のために書かれた要素は非常に大きかったのだろうと思います。

    ―「清少納言の恋と風流、そして戦いの日々」。それがこの物語ですね。

    冲方:枕草子には、当時を知る人々からすれば当然であった部分は書かれていませんが、それ自体が清少納言にとっては戦いであったわけです。武士の斬り合いではない、歌と風流を武器とした雅な戦い。そういう駆け引きは、いま読んでも非常におもしろく、現代に通じるものでもあると思います。

     

    平安時代の描写はSF感覚!?

    ―清少納言の語りで物語が進んでいく「一人称小説」です。

    冲方:清少納言の心情になるべく寄り添っていきたいと思いました。そうすると、一人称で書くしかなかったんです。枕草子を通して彼女を読み解く限りは。

    彼女が中宮定子に会うまでは、書きながらヤキモキしてました(笑)。「私は別にこのままでいいし」という感じで動かないし、いろいろな政争が起こっても他人事。夫とも別れて「私は私の世界を守るわ」みたいな。

    一人の人間としての輝きを手に入れる過程は、一人称だから書けた部分もあると思います。本人の心の動きに従って書くことで、一人称のほうがかえって客観的に書けるので。

    ―同じ歴史ものと言っても、『天地明察』『光圀伝』の江戸時代と今作の平安時代では、まったく世界が異なりますよね。扱う史料も違い、苦労されたのではないですか。

    冲方:平安時代をきっちり描写していこうとすると、SFを書いているような感覚で(笑)。文化があまりにも違いすぎるんですよね。

    でも、いろいろな意味で痛快でした。光圀が京都出身の林家の人物から「夷侍」みたいに言われてカチンとくる心情が、枕草子を通して清少納言を読むと、非常によくわかります。幕府と朝廷、どちらも日本の支配層になりましたが、極端に文化が違う。その両方を書くことは、もともと『天地明察』のときから考えていました。将軍家と天皇家を融和させなければ成り立たない暦創設事業を進めるために、東北・関東・京都の三点を行きつつ、言わば外交官代理みたいな存在であった碁打ち渋川春海を主人公にした。そのあたりから考えていたわけです。

    1 2 3
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る