• fluct

  • タスクフォースが極悪に挑む…これが最後の「越境捜査」!|笹本稜平『流転 越境捜査』

    PR
    2022年05月16日
    楽しむ
    細谷正充:「小説推理」BOOK REVIEW
    Pocket

    許せない極悪人に、鷺沼と宮野を中心としたタスクフォースが挑む。

    笹本稜平が読者に残してくれた、最後の「越境捜査」シリーズ。心して読んでほしい。


    笹本稜平の「越境捜査」シリーズの第9弾が、「小説推理」の連載を経て刊行された。いつもだったら大喜びで書評を執筆するのだが、今回は同時に深い悲しみがある。周知の事実だが作者は、2021年の11月に急逝した。本書が、シリーズの最終作になってしまったのである。だから喪失感を抱きながら、慈しむように読んだ。

    神奈川県警の小悪党刑事・宮野裕之は、川崎競馬場でオケラになった帰り路、国際指名手配されている木津芳樹を見かけた。木津は、12年前に都下の奥多摩で起きた富豪一家惨殺事件の教唆犯である。事件が起きた直後、被害者の口座から20億円を上回る資金がオフショアの匿名口座に振り込まれているが、これもメガバンクの行員だった木津の仕業らしい。殺人の実行犯の中国人2人はすぐに捕まったが、彼は逃亡を続けて今に至っている。

    木津に大金の匂いを感じた宮野は、旧知の警視庁捜査一課特命捜査対策室特命捜査二課の鷺沼友哉に連絡。最初は渋っていた鷺沼だが、なし崩しにタスクフォースを立ち上げ、木津を捕まえようとする。木津が偽名で暮らすマンスリーマンションの経営会社の総務部長・中村和俊にも、怪しいところがある。だが木津が飛び降り自殺を図り、意識不明になった。それでも事件の真相を求める鷺沼たちの前に、底知れない闇が待ち構えているのだった。

    宮野が木津に気づく発端から、ストーリーはテンポよく進む。とはいえ鷺沼たちの捜査は堅実だ。まず木津が本人かどうかを確認しようとするのだが、非常に手間取る。それを作者は、克明に描き出すのだ。個人情報が保護されるようになった現代の、刑事活動がここにある。

    そして木津が自殺を図ってから、物語のギアが一段上がる。警視庁の捜査の裏で、いつものタスクフォースのメンバーが、独自に動く。昭和7年まで遡る事件の闇は深く、多くの人々の人生を狂わせた犯人の肖像は極悪だ。

    そう、今までのシリーズでタスクフォースが挑んだのは“巨悪”だが、本書は“極悪”なのである。鷺沼たちのメイン・ターゲットは、一人の極悪人なのだ。

    さらに宮野が企む金儲けも、意外な展開を迎える。これも従来のシリーズと違うところだ。おそらく作者は本書から、シリーズの新たな展開を考えていたのではないか。だからこそ急逝が惜しまれてならない。時に法の一線を越境してまで、許せぬ悪と戦うタスクフォースの活躍を、もっともっと読みたかったのである。

    流転ー越境捜査ー
    著者:笹本稜平
    発売日:2022年04月
    発行所:双葉社
    価格:2,035円(税込)
    ISBNコード:9784575245080

    「小説推理」(双葉社)2022年6月号「BOOK REVIEW 双葉社 注目の新刊」より転載




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る