• fluct

  • もし願いが3つ叶うなら…女子大生の願いは「超優しくて癒やしてくれるイケメン」!?|『あたし専属、魔法使いさま!』

    2022年03月04日
    楽しむ
    花森リド:講談社コミックプラス
    Pocket

    あたし専属、魔法使いさま! 1
    著者:栄羽弥
    発売日:2022年01月
    発行所:講談社
    価格:748円(税込)
    ISBNコード:9784065265352

    どんなことでも願ってください

    「願いを3つだけ叶えてあげます」と魔法使いが言うときは注意が必要です。たとえば「願い事を1つだけ叶えてあげます」ならば、自分が最も強く望むものをクリアに選べる気がする。反対に7つくらいのボリュームがあれば、これはこれでいいですよね、思い切ってあれこれお願いできる。でも3つって悩ましい。たいてい1つ目はウッカリ願っちゃって、あとの2つをどうしようか迷いそう。

    『あたし専属、魔法使いさま!』でヒロインの “日柚(ひゆ)”が魔法使いの“レジ”に最初にお願いしたことは「超優しくて癒やしてくれるイケメンちょうだい!」でした。

    魔法使い、ほんとに魔法使ってる!

    ありとあらゆるイケメンに変身しました。魔法って便利かも……。

    ちなみに変身前の魔法使いは姿はこんな姿。

    じゅうぶんイケメン。え、日柚があえて願うまでもなく、超優しくて癒やしてくれるイケメンがここにいませんか? いえ、いろいろあるんですよ。

     

    出会いはお風呂のなかで

    日柚は大学生。一緒に暮らしていた姉に頼りっきりの日々でしたが、姉は結婚して出ていきました。そして不思議な小箱を見つけるのです。

    中にはエキゾチックな小瓶が収められています。おしゃれなバスソルトでしょうか。だったら勝手に全部使っちゃえと言わんばかりに日柚はお風呂に中身をぜんぶ入れてしまいます。どうやら姉があっさり結婚して出ていってしまったことで、かなりやけっぱちになっている模様。

    すると湯船から魔法使いが本当に出てきてしまい……、

    覆いかぶさるような姿勢で「はじめまして、ご主人さま」と挨拶をするのです。入浴中なので日柚は裸。

    日柚のありのままの姿を目撃して、さらに日柚のカラダに触れても魔法使いは涼しい顔。そして「願い事を3つ叶えてあげます、それまでは一緒にいます」と日柚に言うのです。

    レジは第1の願い事「超優しくて癒やしてくれるイケメン」を叶えたあと「あなたを癒やします、あなたの欲望を解放してください」と迫ったり、大学生の日柚には刺激が強すぎる!

    かと思えば美味しいご飯を作ってくれたり。

    これはレジが自発的に作ってくれているので願い事にはカウントされないようです。おトク!

    レジが叶えてくれる願い事は、残りあ2つ。この日からレジは日柚の家に居着いてしまいます。日柚は、半ば強制的に自分専属の魔法使いと同居することに。

     

    思わせぶりなだけ? それとも……?

    全裸を見ても涼しい顔のレジは、他のおとぎ話の魔法使いと同じように、日柚よりも前にいろんなご主人に仕えてきたようです。でも日柚はそれまでのご主人とはちょっと違っています。

    やさしい。そして「ぼくらたいていのもの自ら用意できますから」という言葉がちょっと気になる。

    レジは、今までのご主人たちとは少し違う日柚に興味が湧きます。かいがいしくお世話をしながらこんなことをつぶやいてみたり。

    告白か!? と思ったら!

    えっ、なんかナチュラルに思わせぶり!

    でもやっぱりレジの態度はすっごく普通じゃなくて……、

    一緒に過ごす時間が長くなるにつれ、レジは激しく日柚を求めるように。

    とはいえ、日柚にしてみれば、困っちゃうんです。このシチュエーションは確かにドキドキするけど「え、あなたなんなの?」と思います。だって、レジは最初は全裸を見ても顔色ひとつ変えなかったし、システマチックだったし、今までいろんな女主人といろんなことをしてきたようだし……レジの態度と、自分の中にあるレジへの気持ちに戸惑います。

    そして、魔法でいろんな人の欲望を解放してきたレジにとっても、日柚はこれまで感じたことのない不思議な気持ちにさせる存在。レジってなんでもできちゃいそうな魔法使いなのに、自分自身のこととなると、どこか不器用でぎこちない。レジは、レジ自身の欲望を解放したことがあるのでしょうか。

    錯綜しつつも、レジと日柚は距離を縮めていきます。

    宣言きた! これはきっと他のご主人には言ってないよね? ああ、残る2つの願い事、全然決められないな……。

    (レビュアー:花森リド)


    ※本記事は、講談社コミックプラスに2022年2月13日に掲載されたものです。
    ※この記事の内容は掲載当時のものです。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る