• fluct

  • 公私ともにがんじがらめの刑事・比留。信じるのは己の信念のみ|城山真一『ダブルバインド』

    PR
    2021年11月01日
    楽しむ
    細谷正充:「小説推理」BOOK REVIEW
    Pocket

    アポ電強盗を取り逃がして左遷が決定。血の繫がらない娘は家出。さらに駐在警官の殺人事件まで起こった。

    金沢東部署の比留刑事課長の明日はどっちだ。


    石川県の加賀刑務所を舞台にした連作短篇集『看守の流儀』でミステリー・ファンの注目を集めた、城山真一の新刊が刊行された。「小説推理」連載をまとめたものなので、既読の人もいるだろう。だが、是非とも本を購入してほしい。手元に置いておきたくなる、優れた作品だからだ。

    比留公介は、石川県警金沢東部警察署――通称「東部署」の刑事課長だ。有能で出世欲もある比留だが、アポ電強盗の新藤達也を取り逃がし、市民に怪我人を出したことが、大きな汚点となった。県警はマスコミに叩かれ、比留は左遷になるようだ。

    それでも部下たちと新藤を追い詰めた比留だが、再び取り逃がす。その翌日に、駐在所勤務の警官が殺され、拳銃が奪われるという事件が発生。防犯ビデオの映像から、新藤が犯人だと確信した比留は、彼の行方を推理する。

    こうした刑事の活動の一方で、比留の私生活が描かれる。半年前に妻が病死してから、彼は娘の美香とふたり暮らしをしていた。しかし比留と美香は、血の繫がりはない。そのことを知った美香は、高校を不登校気味になり、ついに家出してしまったのだ。どうやら美香は、実の父親のことを知りたいらしい。公私共に厳しい状況に置かれながら、事件を追う比留は、やがて極限の選択を迫られる。

    比留の捜査が進むと、次々と意外な事実が明らかになる。どこまで内容に踏み込むべきか迷うが、美香の家出が新藤の事件に絡んでくることは、いってもいいだろう。とにかく一連の事件の真相は驚愕すべきものである。ミステリーの面白さは、抜群なのだ。

    もちろん警察小説の魅力も忘れられない。県警から乗り込んできて、過去に因縁のある比留を目の敵にする刑事捜査一課長の冨島。石川県警初の女性署長の中池。捜査一課唯一の女性警部の南雲。冨島との出世争いに破れた相部……。それぞれの思惑や野心を抱え、警察組織の中で生きる刑事たちの言動も、本書の読みどころなのである。

    さらに、比留の人物造形にも注目したい。一連の事件の真相が判明したとき、彼は警察組織の保身と向き合うことになる。組織の論理と、刑事の正義感。娘への愛情も加わり、ふたつの選択の狭間で、比留の心は揺れる。それでも己の信念に従う彼の姿に、熱いものが込みあげた。

    なお本書のクライマックスは、金沢の名所になっている。今後、金沢に行く機会があったら、是非とも足を延ばし、見物したいものだ。

    ダブルバインド
    著者:城山真一
    発売日:2021年10月
    発行所:双葉社
    価格:1,815円(税込)
    ISBNコード:9784575244564

    「小説推理」(双葉社)2021年11月号「BOOK REVIEW 双葉社 注目の新刊」より転載




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る