• fluct

  • 百貨店最上階の大食堂を舞台にした“美味しい”物語のフルコースが一冊に|坂井希久子『たそがれ大食堂』

    PR
    2021年10月01日
    楽しむ
    大矢博子:「小説推理」BOOK REVIEW
    Pocket

    存続の危機に立たされた百貨店の大食堂。再起の鍵は〈昭和レトロ〉ともうひとつ……。

    美味しくて懐かしい大食堂の奮闘記、大盛りでいただきまーす!


    ああ、爽快だ。楽しい。懐かしい。何よりお腹が減る!

    38歳のシングルマザー美由起は伝統あるマルヨシ百貨店勤務。ところが仕事で失敗してしまい、半ば懲罰異動のような形で未経験の食堂部でマネージャーに就任した。

    長年愛されてきた大食堂も時代の変化とともに存続の危機に立たされている。そこにボンクラ若社長が引き抜いてきた新料理長の智子は、腕はいいが気が強く、コミュニケーションに難あり。初日から伝統ある大食堂にケチをつけて、料理の味を変えようとしたためヤンキー上がりの副料理長と一触即発の状態に……。昭和の面影を残す古き良き大食堂の運命やいかに!

    という話なのだが、もう百貨店最上階の大食堂というだけで懐かしスイッチが連打されてしまう。最近はすっかりテナント式のレストラン街ばかりになってしまったなあ。だが確かにあの往年の大食堂と今のレストラン街の2択なら、おしゃれなレストランやカフェを選ぶかも……。

    という私のような顧客をもう一度大食堂に呼び戻すためにはどうすればいいか。美由起と智子を中心に大食堂のスタッフ+α(このαが最高なのだが、それは読んでのお楽しみ)で作戦を練るというのが本書の読みどころだ。イマドキの流行に追随したのでは意味がない。コストにも限りがある。大食堂の伝統と強みを生かしたアイディアに、なるほどそう来たか! と前のめり。

    特に、メニューがひとつ完成するごとにスタッフの結束が強まっていくのがとてもいい。古いものと新しいもの、求められているものと作りたいもの、守りたいものと変えたいもの。相容れないはずのそれぞれのいいところを見つけ、組み合わせると、思いがけない力が生まれる。それを人間関係にも重ねているところがニクい。オムライスにハンバーグ、エビフライやナポリタン。そしてデザートはプリン、あるいはクリームソーダ。昔の良さを守りつつ生まれ変わった新しいメニューがひとつの皿に盛られた、大食堂ならではの〈あのメニュー〉が物語の掉尾を飾るのは、そのままチームの結束を表しているからなのだ。尊い!

    なぜ美由起が大食堂に異動になったのか、なぜ智子が引き抜かれたのかといった背後のアレコレも物語に絶妙なスパイスを与えている。登場人物もみな個性的で魅力たっぷり。隅から隅まで美味しくて懐かしい物語だ。大食堂の思い出が蘇り、行ってみたくなること間違いなし。どこかのデパートに残ってないかな?

    たそがれ大食堂
    著者:坂井希久子
    発売日:2021年09月
    発行所:双葉社
    価格:1,760円(税込)
    ISBNコード:9784575244410

    「小説推理」(双葉社)2021年11月号「BOOK REVIEW 双葉社 注目の新刊」より転載




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る