• fluct

  • 矢部太郎『ぼくのお父さん』6月17日発売 絵本作家の実父・やべみつのりとの幼少期のエピソードを描く

    2021年05月10日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    初めて描いた漫画『大家さんと僕』で第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞し、同シリーズが累計120万部突破のベストセラーとなった矢部太郎さん。

    実父で絵本作家のやべみつのりさんと自身の幼少期のエピソードを描いた『ぼくのお父さん』が、父の日(6月20日)にあわせ、6月17日(木)に新潮社より刊行されることになりました。

    『ぼくのお父さん』は、「大家さんと僕」シリーズ以来となる矢部さんの新作。40年前の東京・東村山を舞台に、つくしの採取や自転車の二人乗り、屋根に登って眺めた花火、絵本作家のはずが◯◯に精を出し始めるお父さんの姿など、読者もつい自分の子ども時代に思いを馳せてしまうような、普遍的でノスタルジックな「家族の思い出」が描かれています。

    何気ないようでいてユニークなエピソードや、クスッと笑える楽しい表現は相変わらず。それに加えて、常識にとらわれないお父さんの言動に、自分の視線では見えていなかったものの存在、のびやかさを感じる内容となっています。

    刊行にあたっては、「小説新潮」(新潮社)で連載された全12回の内容に、40ページにもなる描き下ろしを加え、全編オールカラーで掲載。『大家さんと僕』に収録されている親子対談とあわせて味わいたい一冊です。

    矢部太郎さんのコメント
    子供の頃、いつも一緒に遊び、絵を描いていた父が「みんなのお父さんとは違うなあ」とふしぎで、はずかしいこと、わからないことがたくさんありました。漫画に描くうちに……余計にわからなくなりました(笑)。父に読んでもらったら、「こんな理想の父親みたいに描かないでよ~」と言われて、どこをどう読むとそうなるのか、やっぱりわかりません(笑)。そんな『ぼくのお父さん』、みなさんも何か忘れていたことを思い出してもらえたりしたら嬉しいです。あと、ちょっと笑ってもらえたらさらに嬉しいです。

    矢部太郎さんの父、やべみつのりさんとは?
    今作のモデルとなった矢部太郎さんのお父さんは、絵本・紙芝居作家のやべみつのりさん。発表した絵本作品に『かばさん』『ふたごのまるまるちゃん』『あかいろくんとびだす』『色セロハンあそび ぼくはうみ わたしはひかり』などがあります。
    小柄でやさしそうな笑顔が矢部さんにそっくり。

    『ぼくのお父さん』
    ・著者:矢部太郎
    ・判型:A5判、128ページ
    ・予価:税込1,265円
    ・発売日:2021年6月17日(木)
    ・ISBN:9784103512141

    〈著者プロフィール〉
    矢部太郎(やべ たろう)
    1977年生まれ。芸人・漫画家。1997年に「カラテカ」を結成。芸人としてだけでなく、舞台やドラマ、映画で俳優としても活躍している。初めて描いた漫画『大家さんと僕』で第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞 。

     

    関連記事

    『大家さんと僕』インタビュー:カラテカ・矢部太郎の家は、大家さんがセールスポイント!

    「大家さんと僕」と僕
    著者:矢部太郎
    発売日:2019年06月
    発行所:新潮社
    価格:1,100円(税込)
    ISBNコード:9784103512127
    大家さんと僕これから
    著者:矢部太郎
    発売日:2019年07月
    発行所:新潮社
    価格:1,210円(税込)
    ISBNコード:9784103512134




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る