• fluct

  • あなたにとっての“お宝本”“日本の素敵なブックセラー”は? 映画「ブックセラーズ」公開記念で募集

    2021年04月08日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    世界最大規模のニューヨークのブックマーケットの裏側から、“本を探し、本を売り、本を愛する”人々の世界を紐解くドキュメンタリー映画「ブックセラーズ」(D.W.ヤング監督)。同作の公開を記念して、「あなたにとってのお宝本」や「日本の素敵なブックセラー」を募集する投稿型SNSキャンペーンが実施されています。

    1つ目のキャンペーン「あなたのお宝本、見せてください」の内容は、高値がつきそうな本、そうではないけれど自分にとって思い出深い本、ずっと大切にしている本などのエピソードを募集するというもの。映画公式アカウントをフォローのうえ、本の写真とその本にまつわるエピソードをハッシュタグ「#ブックセラーズお宝本」とともに投稿すれば応募完了です。対象のSNSは、TwitterとInstagram。応募者の中から抽選で、映画鑑賞券や特製ブックマーク、ポスター、プレス(非売品)などが当たります。

    すでに投稿された“お宝本”には、「購入時は15,000円だった料理写真集が約90万円で売られていた!」という驚きのエピソードも。ミモザフィルムズの公式noteでは、スタッフのお宝本エピソードが公開されています。

    2つ目のキャンペーン「ブックセラーズ IN JAPAN」は、“皆の投稿で、日本のブックセラーカタログを作ろう”という試み。

    個性的な品揃えの書店、店番ペットが人気の書店など、新刊書店・古書店問わず日本全国のさまざまな書店とブックセラーたちの紹介を集め、特別連載として紹介する企画です。

    詳細はいずれも、映画「ブックセラーズ」公式サイトよりご確認ください。

    映画のくわしい内容はこちら
    “本を探し、本を売り、本を愛する人々”の世界を紐解くドキュメンタリー映画「ブックセラーズ」4月23日公開

    映画「ブックセラーズ」

    監督・編集:D・W・ヤング|製作総指揮&ナレーション:パーカー・ポージー|アメリカ映画|2019 年|99分|字幕翻訳:斎藤敦子|配給:ムヴィオラ、ミモザフィルムズ

    4月23日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、UPLINK吉祥寺ほか全国順次公開

    http://moviola.jp/booksellers/




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る