• fluct

  • “10年目の殺人――罪を犯してまで、護りたかったものとは。” 佐藤健主演「護られなかった者たちへ」10月1日公開決定、特報解禁

    2021年04月08日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    映画「護られなかった者たちへ」(主演:佐藤健、監督:瀬々敬久)の公開日が10月1日(金)に決定。また、本編映像初解禁となる特報と、第2弾ポスタービジュアルが公開されました。

    映画「護られなかった者たちへ」は『ドクター・デスの遺産』『さよならドビュッシー』などで知られ“どんでん返しの帝王”の異名をとる人気ミステリー作家・中山七里さんの同名小説を、「64―ロクヨン―」の瀬々敬久監督が映画化したもの。東日本大震災から10年後の仙台を舞台に、不可解な連続殺人事件をめぐる捜査から、その裏に隠された衝撃の事実が明らかになっていく……という内容です。

    あらすじ
    東日本大震災から10年後の仙台で、全身を縛られたまま放置され“餓死”させられるという不可解な殺人事件が相次いで発生。被害者はいずれも、人格者として知られた人物だった。捜査線上に浮かんだのは、別の事件で服役し出所したばかりの利根(佐藤健)という男。刑事の笘篠(阿部寛)は、利根と被害者たちとの接点を見つけ出し彼を追い詰めていくが、決定的な確証がつかめないまま、第3の事件が起きようとしていた――。
    なぜ、このような殺し方をしたのか? 利根の過去に何があったのか?
    やがて事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていく――

    公開された特報は、佐藤健さん演じる利根が泥水に顔を押し付けられながら「ふざけんな!」と叫ぶ衝撃的なシーンから始まり、逃走する利根とそれを追う笘篠、【容疑者】と【刑事】の緊迫感に満ちた追走劇と、2人の鬼気迫る演技のぶつかり合いが描かれています。

    また、先日出演が発表された永山瑛太さん演じる「三雲」、緒形直人さん演じる「城之内」も登場。階段の踊り場に座り肩を寄せ合う家族の背中、三雲の胸ぐらを掴み激しく怒りをぶつける利根の姿など印象的な場面がたたみかけるように続いたあと、ラストでは笘篠と利根それぞれが涙を流すカットが映し出されます。

    なお映画「護られなかった者たちへ」は、4月23日(金)よりムビチケオンライン(オンライン前売券)が発売開始予定となっています。

     

    関連記事

    佐藤健主演「護られなかった者たちへ」2021年秋公開 “そして〈10年目の殺人〉は起きた――” 心揺るがす衝撃のヒューマン・ミステリー

    佐藤健主演「護られなかった者たちへ」に永山瑛太、緒形直人ら出演決定

    『護られなかった者たちへ』に連なる宮城県警シリーズ第2作『境界線』 東日本大震災から10年、復興への祈りを込めた社会派ミステリー

     

    映画「護られなかった者たちへ」作品情報

    佐藤健 阿部寛
    清原果耶 林遣都 永山瑛太 緒形直人
    岩松了 波岡一喜 奥貫薫 井之脇海 宇野祥平 黒田大輔 西田尚美 千原せいじ 原日出子 鶴見辰吾 三宅裕司
    吉岡秀隆 倍賞美津子

    原作:中山七里『護られなかった者たちへ』(NHK出版)
    監督:瀬々敬久
    脚本:林民夫・瀬々敬久
    音楽:村松崇継
    企画:アミューズ
    制作:松竹撮影所
    配給:松竹

    10月1日(金)公開

    護られなかった者たちへ
    著者:中山七里
    発売日:2018年01月
    発行所:NHK出版
    価格:1,760円(税込)
    ISBNコード:9784140056943

    ©2021映画「護られなかった者たちへ」製作委員会




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る