• fluct

  • 今村翔吾『じんかん』から生まれた戦国大河浪漫!梟雄・松永弾正久秀を描く

    2021年04月11日
    楽しむ
    黒田順子:講談社コミックプラス
    Pocket

    カンギバンカ 1
    著者:今村翔吾 恵広史
    発売日:2021年02月
    発行所:講談社
    価格:495円(税込)
    ISBNコード:9784065220665

    とにかく読み応えのある漫画です!! それもそのはず、今をときめく小説家・今村翔吾さんの直木賞候補作で第11回山田風太郎賞受賞の『じんかん』が原作で、『BLOODY MONDAY』などのヒット作を持つ人気漫画家・恵広史(めぐみこうじ)さんが、がっちりとタッグを組んでいるのですから。

    主人公は戦国時代の武将、松永弾正久秀(まつながだんじょうひさひで)。
    大河ドラマ『麒麟がくる』では吉田鋼太郎さんが演じていたので親近感がありましたが、実はこの松永、主君である三好長慶(みよしながよし)を殺しただけでなく、将軍・足利義輝も殺害し、東大寺大仏殿をも焼き討ちにした大悪人とされる人物。さらに、あの織田信長に対し、2度も謀反を企てたことでも有名です。

    その松永弾正久秀が、まだ九兵衛(くへえ)と名乗っていた14歳の時に遡って話は進みます。
    孤児となった九兵衛は、弟の甚助(じんすけ)と共に奴隷として売られそうになり、その道中で野盗団に出くわします。
    その野盗団の頭が、後に九兵衛に大きな影響を与えることになる多聞丸(たもんまる)。その出会いは鮮烈です。 多聞丸に助けられた九兵衛と甚助は、彼らの隠れ家で傷の手当と食事をご馳走になるのですが、人を信用できない九兵衛は翌朝、甚助を連れて抜け出します。

    しかし、すぐさま昨日の残党に襲われた九兵衛たちは、再び多聞丸たちに助けられます。
    「怪我人が餓鬼(がき)二人でふらふらしてよぉ、死にてぇのか?」
    そう多聞丸に言われた九兵衛は……、

    多聞丸から「奪い奪われることのない場所をつくる」「俺たちはくにをつくる」と夢を聞かされる九兵衛。

    「ただ今日…明日を生き延びる」ことに精一杯で、そんな考えすら持ったことがなかった九兵衛は、彼らの仲間になる覚悟を決めます。

    このとき多聞丸は、いつか大名になった時に名乗る姓をみんなで考えたことを明かします。その名前こそ「松永」。

    このシーンは、友情などという生っちょろいものではなく、お互いを認め合っているからこそ生まれる命を賭けた同志としての絆を感じ、うぉぉぉ!!となりました。だからこそ、この後に待ち受けている結末が美しくも悲しい。

    1年後、いよいよ足軽として戦に行くことを決めた多聞丸は、最後の大仕事として追い剥ぎを決行します。
    ところが逆に“野盗狩り”に遭い、仲間が殺されてしまうのです。
    「1人でも多く生き延びるには…!!」と考えた九兵衛は……、

    “戦国の梟雄(きょうゆう)”というイメージとは全く違って、“みんなの夢”を託された九兵衛が、松永弾正久秀へと変貌を遂げていく過程にとても興味を持ちました。

    ちなみに『カンギバンカ』は造語で、漢字にすると「奸義万華」または「奸義挽歌」。“奸”と“義””は、悪と善。これが万華鏡のように入れ替わる世の中の価値観を表しています。

    コミックスは小説には描かれなかった新たな物語ですが、その違いを比べながら読むのも、これまた楽しいです。
    生き続けることすら難しかったこの時代、九兵衛はどう駆け上がって行くのか、早く続きが読みたい!!と思いました。

    試し読みはこちら

    (レビュアー:黒田順子)


    ※本記事は、講談社コミックプラスに2021年3月25日に掲載されたものです。
    ※この記事の内容は掲載当時のものです。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る