• fluct

  • 『ヴァニタスの手記』2021年夏TVアニメ化決定!19世紀フランスが舞台の吸血鬼×スチームパンク

    2021年03月29日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    望月淳さんの漫画『ヴァニタスの手記(カルテ)』が、2021年夏にTVアニメ化されることが決定。ティザービジュアル、ティザーPVのほか、メインスタッフ、メインキャスト、オープニングアーティスト情報も解禁されました。

    ヴァニタスの手記 1
    著者:望月淳
    発売日:2016年04月
    発行所:スクウェア・エニックス
    価格:639円(税込)
    ISBNコード:9784757549616

    『ヴァニタスの手記』は、2015年12月より「月刊ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)にて連載中の作品。人間と吸血鬼が存在する19世紀のフランスを舞台に、滅びゆく吸血鬼たちを描いたスチームパンクです。

    “吸血鬼の専門医”を自称するヴァニタスと吸血鬼の青年・ノエ、2人を主人公に繰り広げられる華やかさのある作品世界で人気を博し、「全国書店員が選んだおすすめコミック2017」では第7位にランクインしました。

    TVアニメ化を手がけるのは、「鋼の錬金術師」「交響詩篇エウレカセブン」などで知られるボンズ。ヴァニタスの声は花江夏樹さん、ノエは石川界人さんがつとめます。

    2021年夏放送開始予定

    〈イントロダクション〉
    これは、滅びゆく吸血鬼たちの物語。
    人間と吸血鬼が存在する19世紀フランス。
    吸血鬼の青年 ノエは、吸血鬼に呪いを振り撒くという魔導書“ヴァニタスの書”を探しにパリへ向かっていた。
    途上の飛空船の中で、ノエはある事件に遭遇する。
    その混乱の最中、ノエの前に現れたのは、吸血鬼の専門医を自称する人間ヴァニタスだった。ヴァニタスの手には、ノエが探していた呪いの魔導書“ヴァニタスの書”があり……。

    〈スタッフ〉
    原作:望月淳(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
    監督:板村智幸
    シリーズ構成:赤尾でこ
    キャラクターデザイン・総作画監督:伊藤嘉之
    サブキャラクターデザイン:中山知世
    プロップデザイン:石橋慎平
    ビジュアルコンセプト・色彩設計:滝沢いづみ
    美術デザイン:多田周平
    美術監督:金井眞悟
    撮影監督:張盈穎
    3DCG 監督:三宅拓馬
    編集:松原理恵
    音響監督:若林和弘
    音響効果:倉橋静男(サウンドボックス)、西佐知子(サウンドボックス)
    アニメーション制作:ボンズ

    オープニングテーマ:ササノマリイ「空と虚」

    〈キャスト〉
    ヴァニタス:花江夏樹
    ノエ:石川界人

    原作者:望月淳さんのコメント
    皆様の応援のお陰でこの度「ヴァニタスの手記」のアニメ化が決定いたしました。
    素晴らし過ぎるスタッフの方々に恵まれ原作者としてのプレッシャーもビリビリ感じておりますが、板村監督の指揮によって描かれる「アニメ・ヴァニタスの手記の世界」を一視聴者としてとても楽しみにしております!

    板村智幸監督のコメント
    パリでイメージするものといえば……
    歴史であればフランス革命やナポレオンやパリ万博、名所であればエッフェル塔や凱旋門やノートルダム大聖堂、芸術であれば印象派やアール・ヌーヴォーやゴッホ、他には華麗なファッションやバゲットやフランス料理などでしょうか。

    俺様なヴァニと天然ボケのノエが繰り広げるストーリー。
    まるでホームズとワトソンのような不即不離の関係。
    二人とも明るく振る舞ってはいますが、 過去に何か抱えていそうです。

    彼らの心の機微を捉えることに日々奮闘中です……。

    キーワードは19世紀パリ、吸血鬼、スチームパンク。
    パリを豪華絢爛に、ちょっとゴシックホラーやダークファンタジーの雰囲気も。
    閉塞感のあるこの時期だからこそ、パリでの二人の冒険を味わって頂きたいです。

    オープニングテーマ:ササノマリイさんのコメント
    アニメ化おめでとうございます!
    今回ヴァニタスの手記のOP曲に選んで頂き、ありがとうございます! 本当に本当に嬉しいです。
    うーん好き。登場人物がもう全員すき。大変に魅力的です。
    ヴァニタスとノエの距離感だったり、各人物の関係性がとても好きです。

    オープニングテーマ曲として書かせて頂いた「空と虚」は、タイトルはラテン語の“ヴァニタス”の訳より。つまるところ空虚ですが、「そらとうつろ」と読むタイトルにしました。
    現世の虚しさ、儚さを諭すものとしての絵画のジャンルの名前としての意味もあります。
    そんな感情をヴァニタスの手記でも感じていたので、読んで感じたもの、登場人物達が見ているであろう世界を歌詞に落とし込んでみました。
    綺麗で儚い世界を表現できていたら幸いです。
    アニメ楽しみです!!!!

    ©望月淳/SQUARE ENIX・「ヴァニタスの手記」製作委員会




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る