• fluct

  • 1人の脱走犯をきっかけに、閉鎖的な町に生気が宿る|津村記久子『つまらない住宅地のすべての家』

    2021年04月04日
    楽しむ
    大矢博子:「小説推理」BOOK REVIEW
    Pocket

    生気のない淀んだ住宅地を変えたのは、刑務所から脱走した女性受刑者だった……?

    それぞれの家庭の事情とその変化を飄々と描く町内群像劇誕生!


    はじめは、よくもこんなに問題を抱えた家ばかり集まったもんだな、嫌な町内だなあと思った。ところが読み進むうちに印象が変わっていく。自分のその変化に驚いた。

    津村記久子『つまらない住宅地のすべての家』は、どこか地方の小さな町の、とある路地に面した10軒の家の物語である。妻が出ていったことを周囲に隠して暮らす自治会長とその息子、母親が半ば育児放棄をしている家の小学生の姉妹、育てにくい息子を閉じ込めるために倉庫を設えている夫婦、ふたり暮らしの老夫婦、世の中への復讐のために女児誘拐を企てるひとり暮らしの青年、学生に振り回される大学教員の夫婦、母を看取ったあとスーパーでパートをしながらひとりで暮らしている女性、そのスーパーで警備員をしている男性、都会での仕事に疲れて帰ってきた息子とその母親、そして祖母が圧政を敷く3世代同居の家。鬱屈あり断絶あり絶望あり諦めあり自暴自棄ありで、これがミステリー小説なら、殺人の2件や3件起きても不思議はないほどだ。

    だが殺人は起きない。起きるのは、この近所が出身だという女性受刑者が刑務所から脱走し、町内に近づいているらしいという出来事である。自治会長である丸川は夜間の見張りを立てた方がいいのではと提案。道路に面した笠原家の2階を借り、各家から人を出してローテーションを組むことになった。

    これによって、それまでほぼ交渉のなかった10軒に、小さな変化が起きる。たとえば見張りの邪魔になる植え込みを刈るのに、老夫婦では手に余るので隣の青年に頼む。女児誘拐を企てていた青年はそれにより予定の変更を余儀なくされ……というふうに、小さな玉突きが起きるのだ。

    嫌な町内だなという印象が変わるのはここだ。嫌だったのは「閉じていたから」なのだ。抱え込んで、諦めて、嘆いて、それで終わっていたからなのだ。けれど見張りの一件を通し、近くに「人」がいたことに気づくのである。少しずつ開く風穴が、ほんの微かな交流が、彼らを変えていく。そうして外に目を向ければ、自分の家の問題にも新たな見方ができるようになる。それを津村記久子は、決して過剰にならず、あくまで日常の一コマとして綴っていく。

    脱走犯を巡る展開も読ませる。静かな、とても静かなクライマックスは本書の白眉だ。問題がすべて解決したわけではないが、それでもきっといい方に向かうと確信させてくれる。著者の技が光るお薦めの一冊だ。

    つまらない住宅地のすべての家
    著者:津村記久子
    発売日:2021年03月
    発行所:双葉社
    価格:1,760円(税込)
    ISBNコード:9784575243857

    「小説推理」(双葉社)2021年5月号「BOOK REVIEW 双葉社 注目の新刊」より転載




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る