• fluct

  • 川村元気初の翻訳『ぼく モグラ キツネ 馬』が発売!英米でミリオンセラーのアート絵本

    2021年03月23日
    楽しむ
    日販 仕入部 村中
    Pocket

    ミリオンセラー『世界から猫が消えたなら』の執筆や、アニメ映画「君の名は。」の企画・プロデュースなど、多方面で活躍をみせる川村元気さん。

    そんな川村さんが初めて翻訳を手がけたアート絵本『ぼく モグラ キツネ 馬』が3月17日(水)に発売されました。

    本書(原題『THE BOY, THE MOLE, THE FOX AND THE HORSE』)は、イギリスのイラストレーターであるチャーリー・マッケジーさんが自身のInstagramで公開していた絵や文章をまとめたもの。

    Instagramのフォロワー数は114万人を超え、2019年秋に発売されるやいなや大きな話題となり、本国イギリスでは130万部を突破。翌年の2020年には、イギリスでもっとも売れた本となりました(ニールセンブックスキャン調べ)。

    さらにアメリカでは、ニューヨークタイムズベストセラーで第1位を獲得し、120万部を超える大ヒットとなっています。

    物語は少年である“ぼく”が、モグラやキツネ、馬といった動物たちと交流する中で、「人生」「愛」「友情」を考えるといったもの。

    年齢問わずすべての人に寄り添うシンプルで深いメッセージ性のある言葉と、幻想的で美しいイラストが読者の心を掴みます。

    この本は誰でも楽しめる。あなたが8歳でも、80歳でも。

    (本書まえがきより)

    イギリス在住で『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』で知られるコラムニスト・ブレイディみかこさんからは「うっかり読み聞かせすると、途中から出てくるのは言葉ではなく涙です」と絶賛の帯文が寄せられています。

    コロナ禍で不安な今だからこそ、子どもだけではなく大人にも読んでもらいたい一冊です。

    ぼくモグラキツネ馬
    著者:チャーリー・マッケジー 川村元気
    発売日:2021年03月
    発行所:飛鳥新社
    価格:2,200円(税込)
    ISBNコード:9784864107587

     

    関連記事

    川村元気『四月になれば彼女は』創作秘話「恋愛小説を書こうと思ったら、周りの人が誰も恋愛していなかった」

    川村元気さん流「本屋の歩き方」お気に入りは、有楽町のあの本屋さん




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る