• fluct

  • “本を探し、本を売り、本を愛する人々”の世界を紐解くドキュメンタリー映画「ブックセラーズ」4月23日公開

    2021年02月16日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    D.W.ヤング監督によるドキュメンタリー映画「ブックセラーズ」が、4月23日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほかにて順次公開されることが決定しました。

    【2021/2/24】映画「ブックセラーズ」の予告編、場面写真が解禁。記事に追加しました。

    「ブックセラーズ」(原題:THE BOOKSELLERS)は、ニューヨークのブックマーケットの裏側から“本を売る人々”の世界を紐解く作品。

    ニューヨークの老舗書店の人々から、業界で名を知られたブックディーラー、稀少本のコレクター、古書業界に新風を吹き込む若手まで、単に本を売るだけでなく、本を探し、売り、愛する人々の姿が映されています。

    ブックセラーの世界をガイドするのは、マーティン・スコセッシ監督の新作ドキュメンタリーシリーズ「都市を歩くように」の主人公であるニューヨーク派の作家、フラン・レボウィッツ氏。

    彼女の辛辣でありながらユーモアあふれる語りも、本作の見どころのひとつです。

    また本作には、ビル・ゲイツ氏が史上最高額となる2,800万ドル(約28億円)で競り落とした本『レオナルド・ダ・ヴィンチのレスター手稿』や、『若草物語』のオルコットが偽名で執筆したパルプ小説のほか、「宝石がほどこされた本」「人間の皮膚で作られた本」など「えっ、そんなものまであるの!?」と驚くような稀少本も登場。

    ユニークな本の売り手たちとさまざまな“本への愛”だけでなく、知れば知るほど奥深い「本の世界」そのものも楽しめそうな一本です。

    映画「ブックセラーズ」

    監督・編集:D.W.ヤング
    製作総指揮:パーカー・ポージー
    字幕翻訳 : 斎藤敦子
    配給:ムヴィオラ、ミモザフィルムズ

    原題:THE BOOKSELLERS|アメリカ映画 | 2019年 | 99分

    4月23日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

    http://moviola.jp/booksellers/

    © Copyright 2019 Blackletter Films LLC All Rights Reserved

     

    関連記事

    映画「マイ・ブックショップ」――本屋が1軒もないイギリスの田舎町で、本屋を開業したとある女性の物語

    「本屋は重労働。でもこっそり新刊を読むのが楽しみだった」 映画「マイ・ブックショップ」アフタートークに林真理子が登壇




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る