• fluct

  • 「響け!ユーフォニアム」中川夏紀の視点から希美・みぞれ・優子を描くスピンオフ『飛び立つ君の背を見上げる』

    2021年02月10日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    コンクール全国大会金賞を目指す吹奏楽部の高校生たちを描き、2015年には京都アニメーション制作でTVアニメ化され、累計160万部突破の大ヒット作となった青春小説「響け!ユーフォニアム」シリーズ。同シリーズのスピンオフとなる『飛び立つ君の背を見上げる』が、2月13日(土)に宝島社より発売されます。

    『飛び立つ君の背を見上げる』は、本編の人気キャラクターである中川夏紀の視点から、吹奏楽部の同級生である傘木希美、鎧塚みぞれ、吉川優子の3人を描く物語。部活を引退した3年生が過ごす日常を通して、4人それぞれの友愛や絆が描かれています。独立した物語なので、シリーズのファンはもちろん、未読の方もひとつの青春小説として楽しめます。

    なお初回版には、主人公のひとり、傘木希美の視点で書かれた特別短編冊子「記憶のイルミネーション」が付いています。

    著者・武田綾乃さんからのコメント
    いつの日か中川夏紀を主人公にした物語を書きたいと思っていたのですが、それがようやく形になりました!
    「響け!ユーフォニアム」シリーズのスピンオフ作品という位置づけですが、青春小説として、一つの物語として、クオリティーに妥協せず書くことを心掛けました。
    美しい作品に仕上がったと思います、何卒よろしくお願いします!

    飛び立つ君の背を見上げる
    著者:武田綾乃
    発売日:2021年02月
    発行所:宝島社
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784299013514

     

    関連記事

    『響け!ユーフォニアム』小説シリーズ本編完結!“最終楽章”3年生編のアニメ化も決定

    著者プロフィール
    武田綾乃(たけだ・あやの)
    1992年、京都府生まれ。2013年、第8回日本ラブストーリー大賞隠し玉作品『今日、きみと息をする。』(宝島社文庫)でデビュー。「響け!ユーフォニアム」シリーズ(宝島社文庫)がテレビアニメ化され話題に。『その日、朱音は空を飛んだ』(幻冬舎)で第40回吉川英治文学新人賞候補に、『愛されなくても別に』(講談社)で第37回織田作之助賞の候補となる。ほか著書に『青い春を数えて』(講談社)、「君と漕ぐ」シリーズ(新潮文庫nex)、『どうぞ愛をお叫びください』(新潮社)、『石黒くんに春は来ない』(幻冬舎文庫)がある。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る