• fluct

  • 上白石萌音、デビュー10周年飾る初著書を2021年9月に刊行 全編書き下ろしのエッセイに本人撮影のスナップも

    2020年12月28日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    映画「舞妓はレディ」主人公・春子役、TVドラマ「恋はつづくよどこまでも」ヒロイン・七瀬役、アニメ映画「君の名は。」ヒロイン・三葉役をはじめ、俳優、声優、歌手、ナレーターとして活躍し、2021年度後期NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」では深津絵里さん・川栄李奈さんとともにヒロイン役をつとめる上白石萌音さん。

    ますます注目が集まるなか、デビュー10周年を迎える2021年、上白石萌音さんが初めての著書を刊行することが明らかになり、同書掲載予定のポートレートが先行公開されました。

    著書は全編書き下ろしのエッセイで、9月にNHK出版より発売予定。これまでブログやSNS、メディア取材でも明かされてこなかった自身の気持ちや、思い出深い出来事、家族・友人などへの思い、いま思う未来の自分を、等身大の22歳としてまっすぐに綴っているそう。

    さらに、エッセイに加えて、本人の撮影による景色と人物のスナップや、故郷・鹿児島での家族との対話、思い出の場所を巡った小旅行レポートなど、上白石さんの人柄が伝わるページもふんだんに盛り込まれます。

    読書好きとしても知られ、瀬尾まいこさんの本屋大賞受賞作『そして、バトンは渡された』では文庫版解説を手がけるなど、その文章力も高く評価されている上白石さん。なにげない記憶を鮮やかに描き出す文章と、全点初公開の豊富な写真で、「ありのままの上白石萌音」をあますところなく表現した一冊となりそうです。

    上白石萌音さんからのコメント
    私の活字、文章への愛をたくさんつめられるような本になればいいなと思いながら、ただいまエッセイを絶賛書き下ろし中です。私の故郷・鹿児島を訪ねて家族と話したり、思い出の場所をめぐったりといったページも掲載予定なので、楽しみにお待ちいただけるとうれしいです。


    〈プロフィール〉
    1998年、鹿児島県生まれ。2011年、第7回「東宝シンデレラ」オーディション審査員特別賞受賞。俳優のほか歌手、ナレーター、声優など幅広く活躍。ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」「恋はつづくよどこまでも」、映画「舞妓はレディ」「君の名は。」、舞台「ナイツ・テイル―騎士物語―」「組曲虐殺」など出演多数。21年度後期連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」ではヒロイン(安子)をつとめる。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る