• fluct

  • アニメ「SHAMAN KING」OP・EDは林原めぐみ!朴璐美、犬山イヌコらの出演も決定

    2020年12月23日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    2021年4月より放送される完全新作TVアニメ「SHAMAN KING」(テレビ東京系)のキービジュアル、追加キャスト、第1弾PVが解禁されました。

    追加キャストは、2000年版から続投となる犬山イヌコさん(小山田まん太役)、朴璐美さん(道蓮役)、田中正彦さん(梅宮竜之介役)、高木渉さん(蜥蜴郎役)と、馬孫役をつとめる高口公介さんの5名。発表にあたり各キャストからのコメントが到着しました。

    そしてさらに、同作のOP・EDテーマを林原めぐみさんが担当することも決定! 林原さんからもコメントが到着しています。

    【2020/1/6】追加キャストにうえだゆうじさん・中島愛さんが決定しましたキャラクター紹介・コメントはこちら

    【2020/1/13】追加キャストに根谷美智子さん・櫻井トオルさんが決定しましたキャラクター紹介・コメントはこちら

    小山田まん太(CV:犬山イヌコ)
    私立森羅学園中等部1年生の男の子。葉にとって初めての人間の友達。葉と出会ってから幽霊が見えるようになるが、シャーマンとしての能力はない。マイペースな葉や、霊たちにいつも振り回されてどんな時でもツッコミを入れてしまう性分。

    ◆犬山イヌコさんのコメント
    〈本作の魅力〉
    葉くんのユルさカッコ良さはモチのロン!
    登場キャラクターがそれぞれに愛おしいのです。
    シャーマンも霊も人間も。
    やがて、なんでもないような言葉にも心動かされる瞬間が訪れるのです。
    あとやっぱり、葉くんとアンナさんの関係がスバらかしい!!!

    〈キャラクターを演じるにあたっての意気込み〉
    再びまん太として葉くんに出会えるなんて、もう最高でござります。
    突っ込み入れたり、葉くん見守ったり、アンナさんの命令聞いたり、……楽しいです(笑)

    道蓮(CV:朴璐美)
    中国の歴史の陰で2,000年間暗躍してきたシャーマンの一族・道(タオ)家の御曹司であり、自身も非常に高いシャーマン能力と戦闘力を持つ。短気でプライドが高いが、影ではそれに見合う努力を重ねている。頭頂部にある大きなとんがりは彼のトレードマーク。

    ◆朴璐美さんのコメント
    〈本作の魅力〉
    世界各国それぞれのシャーマニズム・宗教観を持つ個性的なシャーマンたちが集い霊を憑依させてバトルするって……もう、その世界観堪らないです! あっちとこっちの境界線で相手との、自分との、ギリギリのマジバトルから生まれる各キャラクターの名台詞の数々にグッと心と魂を鷲掴みにされます。武井先生どんだけ産んじゃうんですか……凄い出産率です……! 魅力満載な作品です!

    〈キャラクターを演じるにあたっての意気込み〉
    「新作アニメ化? 蓮やらないの?!」と、何度聞かれ、何度シラを切ってきたことか…。しかし、これでやっと大手を振って言えます! この朴璐美が! トンガリ坊っちゃま道蓮と憑依合体100%で新たなシャーマンキングに挑むのだ! 楽しみにしているがいい! ふはははは! 我不迷。

    馬孫(CV:高口公介)
    生来より道家に仕え、騎馬隊を率い戦い続けていた武将。馬孫刀を使った近接戦闘を得意とする。一見すると無口だが、喜怒哀楽の激しいタイプで、主人である蓮のことは、心から大切に思っている。かつて共に戦った愛馬の名は黒桃(コクトー)。

    ◆高口公介さんのコメント
    〈本作の魅力〉
    たくさんあると思うのですが、気になっちゃう、クセになっちゃうキャラクター達ですかね。
    全員まとめるとかなりの大所帯になりますが、どのキャラクターも生き生きと描かれていて、素敵なんですよ。
    そして、それぞれがぶつかりあい、時に脱力しながら進んでいく。気がつけば情熱とユルさの虜です。

    〈キャラクターを演じるにあたっての意気込み〉
    ドキドキしてます。
    馬孫を担当するってわかった時は、さてどうしたものかと頭を捻ってみました。でも、普段何も考えてない自分に良い考えが浮かぶはずもなく諦めました。
    沢山の先輩達の背中を追っかけつつ、自分らしく、いつも通り全力で挑む。
    そう決めてから、ワクワクしてます。

    梅宮竜之介(CV:田中正彦)
    木刀を手に、ばっちりきめたリーゼントがトレードマークの不良。「木刀の竜」の通り名を持っている有名なワルで、舎弟を引き連れ、自分たちだけのベストプレイスを探している。粗暴な態度ではあるが、一度仲間と認めた相手への人情、信頼は厚い。

    ◆田中正彦さんのコメント
    〈本作の魅力〉
    この作品は『強い絆』で結ばれた仲間達が各々助け合い、前を向いて進んで行く、とってもあったかい作品だと思います。

    〈キャラクターを演じるにあたっての意気込み〉
    20年という歳月が流れて再び竜さんに出逢えるとは夢にも思わなかったです。今回も愛すべき竜さんはベストプレイス目指して頑張ります! 皆んな応援して下さい!

    蜥蜴郎(CV:高木渉)
    暴虐非道の限りを尽くし、阿弥陀丸と戦って返り討ちにされた盗賊団のお頭。阿弥陀丸への復讐の念から現世に留まっており、仕返しの機会をうかがっている。緑色の肌にやせ細った体躯と、無造作に纏めた長髪が特徴。

    ◆高木渉さんのコメント
    〈本作の魅力〉
    先日収録に行って「あ~20年前もこうやってアフレコしたなぁ~」なんて懐かしく思いながら、田中正彦さん演じる竜之介に憑依し心をひとつにして同じセリフを喋ってきました。作品の魅力も然ることながら、20年ぶりに再び正彦さんとお芝居できる喜びと一心同体ふたりでひとつという感覚は、演じていて楽しい魅力の一つです。

    〈キャラクターを演じるにあたっての意気込み〉
    20年という時を経て、またこうして皆さんの前に蜥蜴郎として登場できることに喜びを感じています。単にもう一度焼き直しのように演じるのではなく、気持ちを新たにもうひとまわり成長した蜥蜴郎をお見せできるよう、僕も大事に演じたいと思っております。楽しみに待っていてくださいね!

    ◆OP・EDテーマ 林原めぐみさんのコメント
    本当に蘇りましたね。言霊は凄い。
    「Over Soul」も「Northern lights」も沢山の人に愛していただけました。
    20年ぶりに、この時代に生まれなければいけなかった3男の誕生を、どうか暖かく見守って下さい。
    20年前はスマホも、SNSもグーグル先生もいませんでした。
    この時代に投下されたシャーマンキング。
    意味が無い訳が無い。

     

    さらにうえだゆうじ・中島愛の出演が決定!(2020/1/6)

    TVアニメ「SHAMAN KING」の追加キャラクター、追加キャストが発表。

    シャーマンファイトのために北海道から上京してきたシャーマン「ホロホロ」をうえだゆうじさん、ホロホロのパートナーで、氷と大地の精霊であるコロポックルの「コロロ」を中島愛さんがそれぞれ演じることが決定しました。

    ホロホロ(CV.うえだゆうじ)
    北海道からシャーマンファイトのために上京してきたシャーマン。どんな時でも明るい熱血タイプで、常に額にヘアバンドやタオルを巻いているのが特徴。とある夢を叶えるためにシャーマンキングを目指している。

    ◆うえだゆうじさんのコメント
    〈本作の魅力〉
    巡る繋がり。
    この世を去っても、終わらないぼくたちの旅。
    誰を切り取っても、エグイほど無限な愛と情の物語。
    サブエピソード、スピンオフ、続編含め、そんなクソデッカイセカイを拵えられたら、深淵を覗いてみる他ありません。

    〈キャラクターを演じるにあたっての意気込み〉
    再会となるのか、それとも新たな邂逅となるか、未経験の道を踏みしめて進みます。
    いずれ、カラムシの葉が陽で満たされて、晏に花笑みの時を迎えられるように。

    コロロ(CV.中島愛)
    ホロホロのパートナーであり、氷と大地の精霊・コロポックル。小さな体でフキを傘のように持っている。あらゆるものを一瞬で凍らせる能力を持っており、その氷を自在に操って戦う。ずっと一緒にいるホロホロのことを大切に思っている。

    ◆中島愛さんのコメント
    〈本作の魅力〉
    “強さ”って何だろう? 本当に誰かのためを思うってどういうことだろう?と、ユーモアや心地よいユルさを交えながら、時代を超えて伝えてくれる作品だと思います。葉くんの「なんとかなる」の一言にいつも励まされます。

    〈キャラクターを演じるにあたっての意気込み〉
    まさか自分が参加できるなんて、今もまだ信じられないです。先輩方が繋げてきた歴史や想いを胸に、私も『SHAMAN KING』の世界に思いっきり飛び込みたいと思います。よろしくお願いいたします!

     

    根谷美智子(道潤役)、櫻井トオル(李白竜役)の出演が決定!(2020/1/13)

    道蓮の姉で、死者をキョンシーとして操る道士「道潤」を根谷美智子さん、潤の持霊であり、自身の肉体を使って作り上げられたキョンシー「李白竜」を櫻井トオルさんが演じることが決定しました。

    道潤(CV.根谷美智子)
    蓮の姉であり、死者をキョンシーとして操って戦わせる道士。幼い頃から教育係として蓮の世話をしてきた。持霊を道具として扱い、呪符を使って意識を封じたうえで、完全に支配している。死体を操って戦うため、人体の構造にくわしい。

    ◆根谷美智子さんのコメント
    〈本作の魅力〉
    ゆる~いけど、やるべきことは成し遂げる! 「楽に生きられる世界」を作る為だなんて素敵過ぎます。今この世界がそうであればどんなに幸せなことでしょう。
    色々な希望を見つけられる作品じゃないかなぁと思います。

    〈キャラクターを演じるにあたっての意気込み〉
    20年経って、また道 潤に出会えるとは! もう楽しみで仕方ない。
    また新たな気持ちで、可愛い弟の成長を見守っていきます。

    李白竜(CV.櫻井トオル)
    潤の持霊で、自身の肉体を使って作り上げられたキョンシー。生前はカンフー映画のスターで、導弾道(ダオダンドー)を駆使する格闘家だった。

    ◆櫻井トオルさんのコメント
    〈本作の魅力〉
    シャーマンと持ち霊との関係が素敵だなと思います。
    持ち霊にはそれぞれ物語があって、生前の記憶や、恨みつらみ、残した家族など、いろいろな事情を持っています。
    シャーマンも霊を道具としてしか扱わない人や、はたまた友達みたいに接する人もいる。
    そんなシャーマン達と霊が物語を通じて絆を深めたり、過去を清算したりしていくところが魅力だと思います。

    〈キャラクターを演じるにあたっての意気込み〉
    李白竜を演じさせていただきます。櫻井トオルです。
    子供のころに見ていたシャーマンキングに出られるとはっ!!
    身に余る光栄と共に気が引き締まる思いです。
    ファンの皆様の期待に応えられるよう精一杯演じさせていただきます。

    ©武井宏之・講談社/SHAMAN KING Project.・テレビ東京

     

    関連記事

    『シャーマンキング』完全新作TVアニメ化決定!全35巻を原作にシリーズ最後まで描く 2000年版の配信も決定

    [コメントあり]アニメ「SHAMAN KING」麻倉葉役は日笠陽子に!阿弥陀丸、アンナ、ハオは小西克幸、林原めぐみ、高山みなみが続投

    SHAMAN KING 1
    著者:武井宏之
    発売日:2020年06月
    発行所:講談社
    価格:660円(税込)
    ISBNコード:9784065198001

     

    TVアニメ「SHAMAN KING」作品情報

    スタッフ
    監督:古田丈司
    シリーズ構成:米村正二
    キャラクターデザイン:佐野聡彦
    プロップデザイン:柴田ユウジ
    美術監督:木村仁哉
    美術設定:川口正明
    色彩設計:大塚奈津子
    撮影監督:川瀬輝之
    編集:坂本久美子
    音楽:林ゆうき
    音響監督:三間雅文
    音楽制作:キングレコード
    アニメーション制作:ブリッジ

    キャスト
    麻倉葉:日笠陽子
    阿弥陀丸:小西克幸
    小山田まん太:犬山イヌコ
    恐山アンナ:林原めぐみ
    道蓮:朴璐美
    馬孫:高口公介
    梅宮竜之介:田中正彦
    蜥蜴郎:高木渉
    ホロホロ:うえだゆうじ
    コロロ:中島愛
    道潤:根谷美智子
    李白竜:櫻井トオル
    ハオ:高山みなみ

    https://shamanking-project.com/

    ※原作漫画『SHAMAN KING』(著:武井宏之)第1巻~第23巻発売中。新旧イラストWカバー仕様の『SHAMAN KING』は、全国書店にて毎月3冊ずつ刊行されています。さらに『SHAMAN KING THE SUPER STAR』も、マガジンエッジコミックスより第4巻まで発売中!




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る