• fluct

  • 5年にわたるインタビューで振り返る 矢口高雄評伝『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』

    2020年12月19日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    11月20日に急逝した漫画家・矢口高雄さんの評伝『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』が、12月19日(土)に世界文化社から発売されました。

    『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』の著者は、元新聞記者の藤澤志穂子さん。足かけ5年、30回を超える矢口さん本人へのインタビューと50人以上の関係者への取材を通じて、漫画家を志すきっかけとなった少年時代の手塚漫画との出合いから、銀行員生活を捨てて30歳で漫画家に転身したときのこと、『釣りキチ三平』の大ヒット、東日本大震災、旧作『マタギ』の約40年ぶりの再評価まで、81歳の生涯と画業を振り返りつつ、矢口さんのあふれんばかりの漫画愛を感じることができます。

    現役漫画家たちも「いまでも矢口さんの漫画から勉強させてもらっている」と語る矢口高雄作品。本書の帯にも「『マタギ』は30年位したら 『マンガで学ぶ文化遺産』 みたいな感じで読まれる」(里中満智子)、「故郷に帰ると 『矢口高雄先生くらいにならないと』 とよく言われた」(きくち正太)、「自然の風景を描く際には 『釣りキチ三平』 を傍らに置いて参考にしてきた」(東村アキコ)と、名だたる漫画家からの推薦コメントが並んでいます。

    半生についての聞き書きと短編作品をまとめた2020年9月刊『マンガ万歳―画業50年への軌跡』も、ぜひあわせて読んでみてください。

    釣りキチ三平の夢矢口高雄外伝
    著者:藤澤志穂子
    発売日:2020年12月
    発行所:世界文化社
    価格:1,760円(税込)
    ISBNコード:9784418195015

    『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』目次
    【第1章】80歳のツイッター
    【第2章】断捨離と復活
    【第3章】「三平」の原風景
    【第4章】地方の時代
    【第5章】「エッセイ漫画」の境地~秋田の足跡
    【第6章】マンガ家たちとの邂逅
    【第7章】「名伯楽たち」との縁
    【第8章】描きたかった郷愁~作品の魅力
    【第9章】横手市増田まんが美術館


    著者:藤澤志穂子
    元全国紙経済記者。学習院大学法学部政治学科卒、早稲田大学大学院文学研究科演劇専攻中退。米コロンビア大学ビジネススクール客員研究員、放送大学非常勤講師(メディア論)、秋田テレビ(フジテレビ系)コメンテーターなどを歴任。著書に『出世と肩書』(新潮新書、2017)。東京都出身。

     

    関連記事

    『釣りキチ三平』矢口高雄さん逝去 農村ドラマを描き「釣りブーム」「ツチノコブーム」を巻き起こす




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る