• fluct

  • 安楽死に端を発した事件が絡み合う!ターミナルケアの在りように迫る人情ミステリー|小杉健治『死の扉』

    PR
    2020年11月05日
    楽しむ
    日下三蔵:「小説推理」BOOK REVIEW
    Pocket

    元プロ野球選手の妻が殺害された事件に不自然な目撃者が現れた。華岡検事は複雑に絡んだ事件の裏側に迫っていく!

    安楽死をテーマに描く力作推理!


    法廷ミステリを得意とする小杉健治だが、ここ数年は文庫書下し時代小説の人気作家として精力的な執筆を続けている。2020年に入ってから10月までに、時代小説だけで7社から13冊を刊行しているのだから凄まじい。

    ほかに現代ミステリの書下しが2冊、文庫化・再文庫化が2冊、さらに新作単行本の本書が加わって、何と18冊。11月と12月にも新刊が出るだろうから、1年間で著書20冊を超えそうだ。新作のほとんどが書下しであるため、小杉作品が読める小説誌は「小説推理」しかない。この『死の扉』も、「小説推理」に5回にわたって連載された作品である。

    元プロ野球選手の三和田明の妻が自宅で殺害された。犯人は三和田と思われたが、田中という銀行員が三和田宅から逃げ去る犯人を目撃したと証言したため、一審は無罪となってしまう。横浜地検の華岡検事は控訴のために事件を再び調べ始めるが、三和田の弁護を担当するやり手の駒形弁護士には、過去の事件で証人や証拠を捏造しているのではないかという疑惑があった。

    華岡は並行して西横浜国立病院で発生した安楽死事件の被疑者・山中医師を担当することになる。マンションから転落して重傷を負った患者を安楽死させて欲しいと山中が家族から頼まれているのをベテラン看護師が聴いており、報告を受けた同僚の植草医師が告発したのである。その時に死亡した田中淳が、三和田の事件で証言をした田中真司の長男であることを知り、華岡検事はふたつの事件に関連があるのではないかと考えるのだが……。

    華岡の母は末期がんで余命宣告を受けていたが、彼は幼少期の出来事が原因で母を避け続けていた。実の父が亡くなる直前、母が病院で医者に、父を楽にしてやってくれと頼んでいるのを聴いてしまったのだ。つまり華岡は、父が安楽死させられたのではないかという疑いを抱えて生きてきたキャラクターであり、彼自身と家族とのわだかまりが解けていく過程が、事件解決への道筋と重なっているところが、この作品のミソになっている。

    ちなみに「小説推理」連載開始前の予告では、『家族殺し』というタイトルになっていた。どの家族も重い秘密を抱えながら生きていて、それが謎解きとしっかり結びついているのが、デビュー以来変わらぬ小杉ミステリの持ち味だろう。読み応え充分の力作である。

    死の扉
    著者:小杉健治
    発売日:2020年10月
    発行所:双葉社
    価格:1,870円(税込)
    ISBNコード:9784575243352

    「小説推理」(双葉社)2020年12月号「BOOK REVIEW 双葉社 注目の新刊」より転載




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る