• fluct

  • 『月が導く異世界道中』2021年TVアニメ化!メインキャストに花江夏樹、佐倉綾音、鬼頭明里

    2020年10月21日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    あずみ圭さんによるシリーズ累計発行部数140万部突破の小説『月が導く異世界道中』がTVアニメ化され、2021年にTOKYO MX、MBS、BS日テレほかで放送されることが決定しました。

     

    神と人族から見捨てられた男の、異世界世直しファンタジー

    『月が導く異世界道中』は、とある事情で“勇者”として異世界へ召喚された主人公・深澄真が、女神に理不尽な理由で称号を剥奪された挙げ句、最果ての荒野に飛ばされたところから始まる「異世界世直しファンタジー」。

    2012年に小説投稿サイト「小説家になろう」で連載をスタートしたのち「第5回ファンタジー小説大賞」読者賞を授賞し、単行本がアルファポリスから刊行されています。

    月が導く異世界道中
    著者:あずみ圭
    発売日:2013年05月
    発行所:アルファポリス
    価格:1,320円(税込)
    ISBNコード:9784434179532

    アニメ化にあたっては、監督を「FAIRY TAIL」の石平信司さん、シリーズ構成・脚本を「幼女戦記」の猪原健太さん、キャラクターデザインを「バトルスピリッツ」の鈴木幸江さん、音楽を「NARUTO―ナルト―疾風伝」の高梨康治さん、アニメーション制作を「魔女の旅々」「はるかなレシーブ」などを手がけたC2Cが担当。

    また今回の発表にあわせて、メインキャラクターのビジュアルとキャストも解禁され、深澄真役を花江夏樹さん、真の従者・巴役を佐倉綾音さん、2番目の従者・澪役を鬼頭明里さんが演じることが明らかになりました。

    それぞれのボイスは特報映像にて初披露。3人からのコメントに加え、原作者であるあずみ圭さん、マツモトミツアキさん(原作イラスト)、木野コトラさん(漫画版作画担当)からのTVアニメ化お祝いコメント&イラストも到着しました。

    なお10月21日(水)には『月が導く異世界道中』最新15巻が発売、22日(木)にはコミカライズ版最新8巻が発売されます。

     

    『月が導く異世界道中』あらすじ&アニメ特報映像

    平凡な高校生だった主人公・深澄真は、とある事情により“勇者”として異世界へ召喚された。
    しかしその世界の女神に「顔が不細工」と罵られ、“勇者”の称号を即剥奪、最果ての荒野に飛ばされてしまう。
    荒野を彷徨う真が出会うのは、竜に蜘蛛、オークやドワーフ……さまざまな人ならざる種族。
    元の世界との環境の違いから、魔術や戦闘においては常識外な力を発揮する真は、さまざまな出会いを経て、この世界でどう生き抜くのか……。
    神と人族から見捨てられた男の異世界世直しファンタジー、開幕!

     

    キャラクター紹介・キャスト(コメントあり)

    深澄真(CV:花江夏樹)
    弓道部に所属する平凡な高校2年生だったが、とある都合で勇者として異世界に召喚される。しかし、美しい者しか認めない女神に勇者の資格を一方的に奪われ、世界の最果てに放り出されてしまう。

    花江夏樹さんのコメント
    ―― 本作の印象について
    話のテンポが良くてギャグとシリアスのバランスが絶妙だなと感じました。
    異世界なので現実ではあり得ないユニークな設定も受け入れやすくて良いですね。
    キャラクターもそこまで多く登場しないのでそれぞれにスポットが当たっていて良いなと思います。
    エマさんが可愛いですね(笑)

    ―― 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み
    真は平凡で優しい少年ですが、実は弓の技術が凄かったりと異世界に来て活躍できるスキルがあり良いですね。
    天然でおっかない事をしたりと心配な面もありますが演じるうえでは楽しいシーンが多くて自由にやらせて頂いています。
    ギャグシーンも相まって感情にかなりメリハリがあるので色々な真をきちんと表現していけたらと思っています。

    巴(CV:佐倉綾音)
    異世界で、真が最初に契約を交わした従者。真と契約することで人の姿を得たが、その正体は霧と幻を操る上位の竜種「蜃」。異界である「亜空」を作り出すことができ、時代劇などの日本的なものを好む。

    佐倉綾音さんのコメント
    ―― 本作の印象について
    噂に聞いていた「小説家になろう」から生まれた作品にメインキャストで関わらせて頂くのは恐らく初めてなので、新鮮な感覚で読ませて頂きました。
    アフレコで異世界にお邪魔できるのが楽しみです。

    ―― 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み
    水色の髪の毛が綺麗な女の子で、アニメーションでどう表現されるのか楽しみにしています。
    強いだけじゃなく、可憐な巴を表現できるよう頑張ります。

    澪(CV:鬼頭明里)
    真が2番目に契約を交わした従者。人の姿をしているが、その正体はあらゆる物を喰らう魔獣「災害の黒蜘蛛」。満たされぬ空腹から狂気に落ちていたが、真との戦闘での痛みに快感と満腹を感じ、真の従者となる。

    鬼頭明里さんのコメント
    ―― 本作の印象について
    異世界に行ってこんなにも逞しく生きられたら楽しそう……いやでもやっぱり大変そう……私は生きていけるかな……なんて想像しながら読むのがとても楽しかったです!
    魔法を使ったり亜人と仲良くなったり、現実離れした異世界を現実として受け入れていく真はやっぱり逞しいし、読んでいて面白いです。

    ―― 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み
    澪さんは今まで私が演じたことのないタイプの女性(?)なので、今から演じるのが楽しみです!
    澪さんのお淑やかな見た目から溢れるドM感を、魅力的に演じて、皆さんに楽しんで頂けるよう精一杯頑張ります!

     

    原作者からのお祝いコメント&イラスト

    あずみ圭さんのコメント
    冗談ではなくアニメ化です。確定です。
    ほんっとーにありがとうございます!
    Webでの投稿に始まり書籍化、コミカライズ、そしてまさかのアニメ化!
    月導がここまで到達できたのも、ひとえに読者の皆様が応援してくださったおかげです。
    原作もこれを第二のスタートラインだと思って一層執筆に力を入れて参ります。
    どうぞアニメ版月が導く異世界道中をよろしくお願い致します!!

    マツモトミツアキさんのコメント
    「月が導く異世界道中」アニメ化おめでとうございます!
    およそ8年、イラスト制作でかかわらせて頂いた者として、大変嬉しく思います!
    一視聴者として、アニメで動いている真を中心とした個性豊かなキャラクター達を見れるのを楽しみにしています!
    最後になりますが、これからも「月が導く異世界道中」を皆様どうぞよろしくお願いします!

    木野コトラさんのコメント
    月が導く異世界道中、アニメ化おめでとうございます!
    小説のコミカライズ担当としても、いち月導ファンとしても大変楽しみにしています!
    若様が動く! 若様がしゃべる! やったー!!

     

    TVアニメ「月が導く異世界道中」作品情報

    2021年 TOKYO MX、MBS、BS日テレほかにて放送予定

    スタッフ
    原作:あずみ圭(アルファポリス刊)
    監督:石平信司
    シリーズ構成・脚本:猪原健太
    キャラクターデザイン:鈴木幸江
    音楽:高梨康治
    アニメーション制作:C2C

    キャスト
    深澄真:花江夏樹
    巴:佐倉綾音
    澪:鬼頭明里

    https://tsukimichi.com

    ©あずみ圭・アルファポリス/月が導く異世界道中製作委員会




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る