• fluct

  • ホテルの贅沢な空間で「自分のために選ばれた本」と過ごす パレスホテル東京の新宿泊パッケージが登場

    2020年10月21日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    東京・丸の内の「パレスホテル東京」で、“自分のために選ばれた本”とともにホテルでの滞在時間を楽しめる宿泊パッケージ「あなただけの本と過ごすホテルライフ」の販売が11月1日(日)よりスタートします。

    同プランでは、宿泊客への事前ヒアリングをもとに、宿泊中にぴったりだと思う本を本屋「文喫」が選書。選ばれた本は、選書理由を手書きで記したしおりと一緒に、各客室に用意されています。

    東京の中心にいながらにして、日常を離れて本の世界に浸る……。ホテルの贅沢な空間で、心ゆくまで読書を楽しんでみては。

    なお、このパッケージの宿泊対象期間は2021年1月末までとなっています。

    宿泊パッケージ「あなただけの本と過ごすホテルライフ」

    ・対象期間:2020年11月1日(日)~2021年1月31日(日)
    ・部屋タイプ:デラックスキングまたはデラックスツイン with バルコニー(45㎡)
    ・料金:1名 67,000円~/2名 83,000円~

    ※料金には、選書および書籍の代金が含まれています。別途、消費税およびサービス料がかかります
    ※追加料金(21,780円/1泊1室)にてクラブフロアが利用できます(サービス料・消費税込)
    ※宿泊パッケージの予約に関する情報は、パレスホテル東京公式サイト(www.palacehoteltokyo.com)にてご確認ください

    「パレスホテル東京」について
    「パレスホテル」として1961年に開業し、2012年5月17日に「パレスホテル東京」としてグランドオープン。半世紀余培ってきた“お客様一人ひとりに寄り添ったサービス”を受け継ぎつつ、ブランドコンセプトである「美しい国の、美しい一日がある。」を創出するために、「自然との調和」「グローバルベスト」「五感クオリティ」「究極のパーソナルタイム」「真心のおもてなし」の5つの提供価値を掲げている。

    ・所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-1-1
    ・宿泊に関する問い合わせ:03-3211-5218

    「文喫 六本木」について
    2018年12月にオープンした、入場料のある“本と出会うための本屋”。「意中の一冊」と出会うためのきっかけを、さまざまな企画・サービスを通して提供している。

    ・所在地:〒106-0032 東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F
    ※営業時間 9:00~21:00(L.O. 20:30)、不定休

    bunkitsu.jp

     

    関連記事

    強羅温泉で心ゆくまで読書を楽しむ!話題のブックホテル「箱根本箱」を完全レポート

    “本と出会うための書店”文喫が2019年度「グッドデザイン・ベスト100」グッドフォーカス賞[新ビジネスデザイン]を受賞

    “入場料1,500円の本屋”「文喫」の新しい試み 約3万冊を揃え六本木にオープン




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る