• fluct

  • あなたの街は「読長町」何丁目?全国の書店を架空の街が侵食 『この本を盗む者は』の世界へ

    2020年10月16日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    いま、全国各地の書店に次々と、「読長町○丁目○番地○」という住所が割り振られているのをご存じでしょうか。

    読長町(ヨムナガマチ)とは、『ベルリンは晴れているか』が第160回直木賞候補となった深緑野分さんの最新小説『この本を盗む者は』に登場する架空の街。本の街として知られる読長町は、あるきっかけから“本の呪い”に侵食され始め、「物語の世界」に姿を変えていってしまいます。

    同作は、そんな読長町を元の世界に戻すため、本に囲まれた家に生まれながらも「本が嫌い」な主人公・深冬が、相棒の真白とともに「物語の世界」を冒険する物語。彼女らは街を救うことがミッションですが、本好きにとっては「こんな街が本当にあったらいいのに……!」と思わずにいられません。

    読長町の番地が割り当てられた書店は、『この本を盗む者は』 の応援書店として読長町に招待された店。あなたの住む街にも、読長街が存在するかもしれません。番地シールを目印に、ぜひ探してみてください。

    【STORY】
    「ああ、読まなければよかった! これだから本は嫌いなのに!」
    書物の蒐集家を曾祖父に持つ高校生の深冬。父は巨大な書庫「御倉館」の管理人を務めるが、深冬は本が好きではない。ある日、御倉館から蔵書が盗まれ、父の代わりに館を訪れていた深冬は残されたメッセージを目にする。
    “この本を盗む者は、魔術的現実主義の旗に追われる”
    本の呪い(ブックカース)が発動し、街は物語の世界に姿を変えていく。泥棒を捕まえない限り元に戻らないと知った深冬は、私立探偵が拳銃を手に陰謀に挑む話や、銀色の巨大な獣を巡る話など、さまざまな本の世界を冒険していく。やがて彼女自身にも変化が訪れて――。

    読書の秋にぴったりの本作には、著名人や書店員からの推薦文も続々と届いています。

    呪われて、読む。そして書く――私たちは!
    ―― 森見登美彦(作家)

    盗まれる本たちの魅力的なこと!
    私もブックカースの世界に迷い込んでしまったような錯覚にくらくらした。
    ―― 宮下奈都(作家)

    想像力に底があり、その底が抜けることがあるということを、
    久々に実感した。すごい本が出てしまったものだ!
    ―― 金原瑞人(翻訳家)

    『この本を盗む者は』は、わずか2ページで私の心を盗んでしまった。
    時間にして5分足らずの早業だ。
    ―― 本間悠(明林堂書店南佐賀店 書店員)(文芸WEBマガジン「カドブン」より)

    『大家さんと僕』など漫画家としても活躍しているお笑い芸人・カラテカの矢部太郎さんも、書き下ろしの4コマ漫画で本作の感想を寄せています。

    ©矢部太郎/深緑野分『この本を盗む者は』KADOKAWA

    10月8日(木)発売の本作をいち早く読み終えた読者からも、本作を現代版『モモ』や『はてしない物語』に例えながら「本読みだったら、一度は憧れる『本の世界に入る事』を深冬と真白と一緒に体験しているよう」「本を好きになった全ての人に読んで欲しい一冊」という声があがっています。

    また、発売にあたり、書店で働いていたという作者・深緑さん直筆のPOPも公開されました。

    POPには「本のいろんなジャンルが入りまじって、担当編集者さんに止められるんじゃないか?ってくらい自由に書きました」と書かれており、一冊の中でいろんなジャンルが楽しめる作品となっています。

    この本を盗む者は
    著者:深緑野分
    発売日:2020年10月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784041092699

    「あなたの街の『読長町』を探せ!」くわしくはこちら

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る