• fluct

  • 異例のヒットとなった「ハシビロコウのすべて」大幅アップデートの改訂版が発売!

    2020年10月18日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ハシビロコウのすべて改訂版

    動物園の新たな人気者としてブレイク中の“動かない鳥”ハシビロコウ。昨年新たに加わった松江フォーゲルパークの「フドウ」を含め、現在、日本国内には全部で13羽のハシビロコウがいます。ハシビロコウが1つの国でこれだけ飼育されているのは、世界を見渡しても珍しいことです。

    2019年5月には、そんなハシビロコウのさまざまな姿をおさめ、野生の生態から体の構造、日本で飼育されているハシビロコウたちの性格やエピソード、飼育員さんのコメントまで紹介したムック「ハシビロコウのすべて」が刊行。いま人気の動物であることはもちろん、「ここまでハシビロコウのことが網羅されたものは珍しい」と発売されるや話題を呼び、動物ジャンルとしては異例の6刷を記録するなどヒットしました。

    そしてこのたび、「ハシビロコウのすべて 改訂版が、10月13日(火)に発売されました。情報をアップデートするとともに、新たに公開された「フドウ」、今年8月に急逝した世界最高齢のハシビロコウ「ビル」(伊豆シャボテン動物公園)のメモリアルページを加えた、大充実の“一冊まるごとハシビロコウの本”となっています。

    さらに、同日10月13日(火)には「ハシビロコウカレンダー2021」も発売。あわせて楽しむことで、“動かない鳥”でありながら、ハシビロコウ1羽1羽に個性があり、実にさまざな表情を見せることがわかることでしょう。

    あなたの“推しビロコウ”を、ぜひ見つけてみてくださいね。

    ▼ハシビロコウ界のアイドル、掛川花鳥園の「ふたば」(「ハシビロコウのすべて 改訂版」より)

    ▼2019年9月に新しく公開された「フドウ」(「ハシビロコウカレンダー2021」より)

    ▼在りし日の「ビル」(「ハシビロコウカレンダー2021」より)

    ▼優雅に羽を広げる、神戸どうぶつ王国の「ボンゴ」(「ハシビロコウのすべて 改訂版」より)

     

    「ハシビロコウのすべて 改訂版」はここがすごい!

    ① 日本各地の「会いに行けるハシビロコウ」が丸わかり
    ハシビロコウ界のアイドル「ふたば」(掛川花鳥園)はもちろん、昨年新たに加わった「フドウ」(松江フォーゲルパーク)を含む、日本国内のハシビロコウを一挙紹介。飼育員さんのコメントや、ハシビロコウそれぞれの性格・エピソードが盛り込まれており、会いに行きたくなること間違いなしです。

    ② 飼育員も見たことのない「野生の姿」もわかる!
    狩りの様子、恋の季節、子育て、そして巣立ち。170点を超える写真で、飼育員も見たことのない“野生のハシビロコウの姿”も楽しめます。

    ③ 監修は『ざんねんないきもの事典』の今泉忠明さん
    わかりやすい図解と写真で、ハシビロコウの謎の生態を余すところなく学べます。

    ハシビロコウのすべて 改訂版
    著者:今泉忠明
    発売日:2020年10月
    発行所:廣済堂出版
    価格:1,320円(税込)
    ISBNコード:9784331804490
    ハシビロコウカレンダー 2021
    発売日:2020年10月
    発行所:廣済堂出版
    価格:1,100円(税込)
    ISBNコード:9784331253434




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る