• fluct

  • 「鬼滅の刃」炭治郎&煉獄の描き下ろしツーショットが表紙!金屏風のような観音グラビア、23ページにわたる特集も:anan10月21日発売号

    2020年10月12日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    10月21日(水)に発売される雑誌「anan」第2222号(マガジンハウス)で、アニメ「鬼滅の刃」の竈門炭治郎・煉獄杏寿郎の描き下ろしツーショットが表紙を飾ります。

    ©マガジンハウス

    ついに10月16日(金)に「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が公開されるアニメ「鬼滅の刃」。これにあわせて同号には、描き下ろしイラストの表紙だけでなく、23ページにわたる大ボリュームの「鬼滅の刃」特集が掲載されます。

    まばゆいゴールドが印象的な表紙をめくると、見開きには、表紙と同様の背景に「大正鬼滅絵巻」の黒い文字。真ん中の折り返しからは、誰かの刀の切っ先がチラリと覗きます。

    右側のページは片観音の仕掛けになっており、折り返しを開くと、まるで金屏風のように横長に広がる約3ページ分の一枚絵が出現。表紙を飾った炭治郎と煉獄の右側に、禰豆子、我妻善逸、猪頭を脱いだ嘴平伊之助が描かれ、劇場版のメインキャラクター5人がズラリと並びます。

    中面の特集ではまず、あらすじ、キャラクター、設定、特に魅力的なポイントなど、初心者もすぐに「鬼滅の刃」の世界をつかめる“基礎”を一から解説。さらに劇場版の場面写真をふんだんに使った迫力あるビジュアルページや、メインキャスト5人の声をつとめる花江夏樹さん、鬼頭明里さん、下野紘さん、松岡禎丞さん、日野聡さんや、主題歌を担当するLiSAさんのグラビア&インタビュー、高橋プロデューサーのロングインタビューも掲載されます。

    読み終えたときにはきっと、今すぐに映画館へ足を運びたくなるはずです。

    「anan」第2222号
    ・特集「カラダにいいもの大賞 2020」
    ・発売日:2020年10月21日(水)
    ・特別定価:700円(税込)
    ・出版社:マガジンハウス

    【特集内容】
    カラダにいいものを集めた毎年恒例の人気特集。特に推したい16アイテムをピックアップしたおなじみの大賞ページをはじめ、いま強化したい“内臓ケア”や、流行りの“筋膜はがし”アイテムなども紹介。さらに2222号を記念して、後ろ読みで「にゃんこ♡LOVE」のプチ特集も展開。バックカバーには、ぽっちゃりボディのぐっぴーさまが登場。

    「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」
    全国403館で10月16日(金)より公開。うち38館はIMAX®シアターでも公開。入場者特典として、全国450万人限定で84ページの冊子「煉獄零巻」を配布予定(数に限りあり)。

    原作:吾峠呼世晴(集英社ジャンプコミックス)
    監督・外崎春雄
    キャラクターデザイン・総作画監督:松島晃
    脚本制作・ufotable
    アニメーション制作・ufotable

    https://kimetsu.com/anime/

     

    関連記事

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念で集英社20誌にオリジナル付録!ポスター、カレンダー、扇子、ポーチなどバラエティ豊か

    「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」最速ノベライズ、10月16日発売決定!




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る