• fluct

  • 山﨑賢人・土屋太鳳W主演「今際の国のアリス」初の映像解禁!人が消えた東京の街に、謎のメッセージが現れる――

    2020年10月10日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    山﨑賢人さん・土屋太鳳さんのダブル主演によるNetflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」。同作の特報映像として、初めて本編映像の一部が解禁されました。

    ドラマ「今際の国のアリス」は、麻生羽呂さんによる同名漫画(全18巻)を原作としたサバイバル・サスペンス。人生に夢を見出せず曖昧に生きてきたアリス(山﨑賢人)と、どんな苦境でも「生きる意味」を探し続けるウサギ(土屋太鳳)が、突然放り込まれた謎の世界「今際の国」で信頼関係を築き、生き延びるために理不尽な現実に挑む姿を壮大なスケールで描きます。

    特報映像では、冒頭、部屋でいつものようにゲームに没頭するアリスが、常に比べられてきた優秀な弟に「また行ってねえのか。面接」と吐き捨てられ、衝動的に家を飛び出します。アリスの高校時代からの仲間であるチョータ(森永悠希)とカルベ(町田啓太)も、それぞれ会社員やバーテンダーとして働いていながら、同じように漠然とした不安を持て余し、街で合流しては鬱憤を晴らしていました。

    一方クライマーのウサギは、尊敬する父親と山頂で過ごす時間に「ずっとこのままでいたい」と思わず言葉にしてしまうほど、充実した時間を過ごしていました。

    しかしそんな日常は、突然街から人々が消えたことで一転。無人と化した東京の街で戸惑うアリスたちの前に、「ようこそプレイヤーのみなさま まもなく【GAME】を開始します」という不気味なメッセージが現れます。不可思議な事態を受け入れられないアリスたち。しかし目の前で他者の命が奪われたことで、この世界の容赦ないルールを思い知ることになります……。

    トランプカードのマークと数字。一癖も二癖もありそうなキャラクターたち。突然の非日常に戸惑う者、楽しむ者。互いの心理が交差するなか、アリスたちを待ち受ける運命とは――?

    本作の監督は、「GANTZ」「図書館戦争」「アイアムアヒーロー」などを手がけてきた佐藤信介さん。山﨑賢人さんとは、2019年公開の「キングダム」でタッグを組んでいます。

    「人間が根本的に揺さぶられるものは何か、いち映画好きの自分が世界中の映画に触れながら感じていた『面白さの根源』に立ち返りました」と語る佐藤監督渾身の、新たな作品に注目です。

     

    関連記事

    新たな“げぇむ”が幕を上げる――新章『今際の国のアリスRETRY』サンデー10月14日発売号より連載開始!

    ドラマ「今際の国のアリス」に村上虹郎、森永悠希、町田啓太、三吉彩花、仲里依紗ら14名 山﨑賢人・土屋太鳳主演で今冬スタート

     

    Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」作品情報

    STORY
    優秀な弟と比較され続け、人生に意味を見出せず鬱々とした日々を送るアリス。唯一の心のよりどころである親友のチョータとカルベと渋谷に繰り出すと突然、街は無人と化す。不安を感じつつも、誰もいない解放感にはしゃぐ3人。しかしそこは、様々な“げぇむ”をクリアしなければ生き残ることができない“今際の国”だった……。
    持ち前の観察力と判断力を発揮していくアリスは、仲間を作らずたった一人で“げぇむ”に挑み続けるクライマーのウサギと出会う。命を懸けるというかつてない体験を通し彼らは、「生きること」に正面から向き合うこととなる。

    原作:麻生羽呂『今際の国のアリス』(小学館「少年サンデーコミックス」刊)
    監督:佐藤信介

    出演:
    山﨑賢人 土屋太鳳
    村上虹郎 森永悠希 町田啓太 三吉彩花 桜田通 朝比奈彩 栁俊太郎 渡辺佑太朗
    水崎綾女 吉田美月喜 阿部力 金子ノブアキ 青柳翔 仲里依紗

    脚本:渡部辰城、倉光泰子、佐藤信介
    音楽:やまだ豊
    撮影監督:河津太郎
    美術監督:斎藤岩男
    アクション監督:下村勇二
    VFXスーパーバイザー:神谷誠、土井淳
    エグゼクティブ・プロデューサー:坂本和隆
    プロデューサー:森井輝
    企画・制作:㈱ROBOT

    2020年12月10日(木)Netflixにて全世界独占配信

    今際の国のアリス 1
    著者:麻生羽呂
    発売日:2011年04月
    発行所:小学館
    価格:461円(税込)
    ISBNコード:9784091228192

    ©麻生羽呂・小学館/ROBOT




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る