• fluct

  • 第1位は【推しの子】! 推しアイドルとオタクをめぐる衝撃的な転生ストーリー :コミックス第1巻ランキング(2020年7~9月)

    2020年10月14日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    「まだ新しい、面白い漫画を探すにはどうすればいいか?」
    「見つけて知ってもらうことで、もっと漫画業界を盛り上げたい!」

    そんな思いからほんのひきだしでは、期間中に第1巻が発売された“まだ若い漫画”に対象を絞り、その第1巻の売上だけで集計した独自のランキングを発表しています。

    今回発表するのは、2020年7~9月に発売された第1巻のランキングです(上位30作)。それでは、さっそく見ていきましょう!

    2020年4~6月のランキングはこちら:第1位は『100日後に死ぬワニ』

    ※日販調べ
    ※調査対象:2020年7月1日~9月30日に発売されたコミック第1巻(単巻作品、続編、スピンオフを含む)。ファンブック、アンソロジーは除く。
    ※売上集計期間:2020年7月1日~9月30日

     

    第1位『【推しの子】』

    推しの子 1
    著者:赤坂アカ 横槍メンゴ
    発売日:2020年07月
    発行所:集英社
    価格:693円(税込)
    ISBNコード:9784088916507

    「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で4月より連載されている『【推しの子】』は、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の赤坂アカさんと、『クズの本懐』の横槍メンゴさんという豪華タッグによる作品。あるきっかけから、アイドルファンが自分の“推し”の子どもに転生してしまう……という内容で、第1巻は2020年7月17日に発売されました。

    主人公は、田舎で産婦人科医として働くゴローという青年。研修医時代に出会ったとある患者の影響で「アイ」というアイドルのファンになった彼の前に、ある日、妊娠したアイ本人が現れます。しかし「安全に産ませて君の幸せを守る」と誓った矢先、ゴローは……。

    自分が応援している「推しの子」、自分が転生してしまった“推しの「子」”――これだけでも充分型破りですが、物語にはさらなる驚きの展開が待っています。

    青年誌での連載ながら、女性読者が比較的多いのも特徴。すでにかなりの勢いを見せている注目作、ぜひ今のうちから読んでおきましょう! 第2巻は10月16日(金)発売です!!!

    『【推しの子】』第1話はこちら

     

    続いて、トップ30をイッキ見!

    第2位以降は一気に発表します!

    ランクインしたのは、初の商業単行本『夢中さ、きみに。』で第24回手塚治虫文化賞(短編賞)、第23回文化庁メディア芸術祭(マンガ部門新人賞)を受賞した和山やまさんの連載デビュー作『女の園の星』、ともに魔王を倒した勇者たちよりはるかに長生きするエルフの主人公が、人間を知るための旅に出る〈本格後日譚ファンタジー〉『葬送のフリーレン』、『なまいきざかり。』のミユキ蜜蜂さんによる新作『野良猫と狼』など。

    2013年に完結した『GANTZ』の“江戸時代版スピンオフ”と話題になった『GANTZ:E』や、7~9月にかけてTVアニメが放送された『彼女、お借りします』のスピンオフ『彼女、人見知ります』など、人気作の続編・スピンオフもランクインしています。

    なお『女の園の星』の和山さんについては、惜しくもトップ30入りを逃したものの、合唱部部長をつとめる中学生×歌がうまくなりたいヤクザを描いた『カラオケ行こ!』も売れ行き好調です(第32位)。

     

    第2位~第10位

    ▼第2位
    『GANTZ:E』(作画:花月仁、原作:奥浩哉/集英社)

    ▼第3位
    『彼女、人見知ります』(宮島礼吏/講談社)

    ▼第4位
    『女の園の星』(和山やま/祥伝社)

    ▼第5位
    『葬送のフリーレン』(作画:アベツカサ、原作:山田鐘人/小学館)

    ▼第6位
    『BLACK LAGOON 掃除屋ソーヤー 解体!ゴアゴア娘』(イダタツヒコ、原作:広江礼威/小学館)

    ▼第7位
    『魔法科高校の劣等生 四葉継承編』(作画:きたうみつな、原作:佐島勤、キャラクターデザイン:石田可奈、構成:林ふみの・長岡千秋/スクウェア・エニックス)

    ▼第8位
    『魔法科高校の劣等生 師族会議編』(作画:竹田羽角、原作:佐島勤、キャラクターデザイン:石田可奈/スクウェア・エニックス)

    ▼第9位
    『魔王様、リトライ!R』(漫画:身ノ丈あまる、原作:神埼黒音、キャラクター原案:飯野まこと/双葉社)

    ▼第10位
    『陸奥圓明流異界伝 修羅の紋 ムツさんはチョー強い?!』(漫画:甲斐とうしろう 、原作:川原正敏 /講談社)

     

    第11位~第20位

    ▼第11位
    『砂漠のハレム 永遠の契り』(夢木みつる/白泉社)

    ▼第12位
    『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ』(漫画:矢町大成、原作:大森藤ノ、キャラクター原案:ヤスダスズヒト/スクウェア・エニックス)

    ▼第13位
    『異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする』(作画:なのら、原作:進行諸島、キャラクター原案:ともぞ 、構成:渡辺樹/スクウェア・エニックス)

    ▼第14位
    『野良猫と狼』(ミユキ蜜蜂/白泉社)

    ▼第15位
    『初期スキルが便利すぎて異世界生活が楽しすぎる!』(漫画:サマハラ、原作:霜月雹花/アルファポリス発行、星雲社発売)

    ▼第16位
    『レベル1の最強賢者 ~呪いで最下級魔法しか使えないけど、神の勘違いで無限の魔力を手に入れ最強に~』(漫画:かん奈、原作:木塚麻弥、キャラクター原案:水季/一二三書房)

    ▼第17位
    『6歳の賢者は日陰の道を歩みたい』(漫画:伊志田、原作:斧名田マニマニ、キャラクター原案:イセ川ヤスタカ/スクウェア・エニックス)

    ▼第18位
    『最強陰陽師の異世界転生記 ~下僕の妖怪どもに比べてモンスターが弱すぎるんだが~』(漫画:オカザキトシノリ、原作:小鈴危一、キャラクター原案:柚希きひろ/双葉社)

    ▼第19位
    『ブーツレグ』(ヤスダスズヒト/講談社)

    ▼第20位
    『裏切られたSランク冒険者の俺は、愛する奴隷の彼女らと共に奴隷だけのハーレムギルドを作る』(漫画:川田暁生、原作:柊咲、キャラクター原案:ナイロン /集英社)

     

    第21位~第30位

    ▼第21位
    『文豪ストレイドッグスBEAST』(漫画:星河シワス、原作:朝霧カフカ、キャラクター原案:春河35/KADOKAWA)

    ▼第22位
    『VRエロゲーやってたら異世界に転生したので、美少女魔王を奴隷化する ~クロスアウト・セイバー~』(漫画:TAKTO、原作:仁科朝丸/キルタイムコミュニケーション)

    ▼第23位
    『八歳から始まる神々の使徒の転生生活』(漫画:春夏冬アタル、原作:えぞぎんぎつね、キャラクター原案:藻/スクウェア・エニックス)

    ▼第24位
    『失業賢者の成り上がり ~嫌われた才能は世界最強でした~』(漫画:おおみね、原作:三河ごーすと/集英社)

    ▼第25位
    『デスティニーラバーズ』(漫画:智弘カイ、原作:カズタカ/講談社)

    ▼第26位
    『針子の乙女』(漫画:雪村ゆに、原作:ゼロキ、キャラクター原案:竹岡美穂/KADOKAWA)

    ▼第27位
    『最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。@COMIC』(漫画:蕗野冬、原作:ほのぼのる500、キャラクター原案:なま/TOブックス)

    ▼第28位
    『センチメンタル キス』(小森みっこ/集英社)

    ▼第29位
    『育成スキルはもういらないと勇者パーティを解雇されたので、退職金がわりにもらった【領地】を強くしてみる』(漫画:たかはし慶行、原作:黒おーじ、キャラクター原案:teffish/スクウェア・エニックス)

    ▼第30位
    『英雄王、武を極めるため転生す ~そして、世界最強の見習い騎士♀~』(漫画:くろむら基人、原作:ハヤケン、キャラクターデザイン:Nagu/ホビージャパン)

     

    これまでに発表した「コミック第1巻ランキング」はこちら

    https://hon-hikidashi.jp/tag/comic1st_ranking/




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る