• fluct

  • 伊集院静のぜいたくな生活が1冊に 大病から復帰後初の著書|伊集院静『作家の贅沢すぎる時間』

    PR
    2020年10月02日
    楽しむ
    細谷正充:「小説推理」BOOK REVIEW
    Pocket

    そこには忘れがたい料理があり、忘れられない人がいた。

    横浜で働いていた頃から現在に至るまで、伊集院静が出会った名店を紹介した、贅沢エッセイ集。


    ファンには周知の事実だろうが、今年の1月、伊集院静は大病により緊急入院した。幸いにも3月に退院し、現在は元気だという。その作者の退院後初の著書が本書なのだ。横浜で働いていた若い頃から、現在に至るまで、さまざまな場所で出会った食の店を紹介したエッセイ集だ。

    といっても料理の味について、書くことはない。これは作者のポリシーである。その代わり、その店を訪れることになった経緯や、店の人々について筆が費やされている。たとえば冒頭で描かれている、青森の鮨屋『天ふじ』。競輪の旅打ち(ギャンブルをしながら旅をすること)をしていたとき、5日目でおけらになり、決勝戦を打つタマが尽きる。そして、毎日立ち寄っていた『天ふじ』で酒を飲み過ぎた作者は、店の奥座敷で寝入ってしまう。夜明け間近に目を覚ますと、枕元に店主のかき集めたらしい金の入った封筒があった……。金を握って決勝戦に向かった作者がどうなったかは、読んでのお楽しみ。まるで作者の短篇小説を味わったかのような満足感を得た。

    こんな話が、どんどん出てくるのだから堪らない。しかも時間を行きつ戻りつする思い出を追いかけているうちに、作者の人生が見えてくる。ファンにとっては、実に嬉しい1冊なのである。

    さらに、「伊集院さん、京都の町屋の人はどうして皆、あんなに長い間、商いを続けられたのでしょう?」と聞かれ、徹底した個人主義に基づく合理主義であり、近代以降のフランス人と似ていると答える。そして“ひとつの象徴として、パリを中心としたフランス料理と、京都を中心とした京料理が完成したのである”と思うのだ。こうした作者独自の知見を得られるのも、本書のいいところだ。

    なお本書は2章構成になっていて、第2章になると食の店から離れたエッセイとなる。それでも文章のテイストは変わらない。ヨーロッパのルーレット体験を通じて博奕勘について述べた「ヤマにむかう予感」と、その次にある新人作家の小説から見えてくるものについて触れた「小説を書く前に」は、扱っている題材がまったく違う。しかし作者が書くと、共通する要素が感じられるのだ。ここから伊集院静の人生の姿勢が伝わってくるのである。

    その他、多数のイラストが収録されているし、巻末には「掲載店リスト」も掲載されている。贅沢なエッセイに相応しい、贅沢な本になっているのだ。

    作家の贅沢すぎる時間
    著者:伊集院静
    発売日:2020年09月
    発行所:双葉社
    価格:1,100円(税込)
    ISBNコード:9784575315721

    「小説推理」(双葉社)2020年11月号「BOOK REVIEW 双葉社 注目の新刊」より転載




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る