• fluct

  • 『プリンタニア・ニッポン』第3話:飼い主がいない時、プリンタニアは何をしている?

    2020年09月17日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    Web文芸誌「マトグロッソ」(イースト・プレス)で連載中の漫画『プリンタニア・ニッポン』は、主人公・佐藤と、3Dプリンターから出力された謎の生物との暮らしを描くすこしふしぎ(SF)なショートコミック。

    つるんとしたフォルムの、白くてもちもち、ぷりぷりな「プリンタニア」。2人の生活を追うことで、その生態が少しずつ見えてきます。

    第1話から読む

     

    晴れて「すあま」と名付けられたプリンタニア。

    『プリンタニア・ニッポン』ではこの後、すあまが佐藤に対してどんな思いを持っているのかや、佐藤がなぜすあまを創り出したのかなど、物語の気になる部分も描かれていきます。

    ▼布団にくるまって震えるすあま。どうやら体調がおかしいようす……?(第6話)

    ▼唯一の友人・塩野も、愉快でいい味出してます

    この続きは「マトグロッソ」で!!!

    『プリンタニア・ニッポン』試し読みアーカイブに戻る 

    ★『プリンタニア・ニッポン』第1巻は9月17日(木)発売!

    プリンタニア・ニッポン 01
    著者:迷子
    発売日:2020年09月
    発行所:イースト・プレス
    価格:880円(税込)
    ISBNコード:9784781619156

    ©迷子/イースト・プレス




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る