• fluct

  • 万城目学『バベル九朔』Sexy Zone菊池風磨主演でドラマ化!雑居ビルのなかで繰り広げられる奇想天外なストーリー

    2020年09月06日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    万城目学さんの自伝的(?)小説『バベル九朔』が、Sexy Zone菊池風磨さん主演でTVドラマ化されることになりました。

    監督は、映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」「Sweet Rain 死神の精度」などを手がけてきた筧昌也さん。番組は10月20日(火)0:59(月曜深夜)より放送開始予定です。

    バベル九朔
    著者:万城目学
    発売日:2019年02月
    発行所:KADOKAWA
    価格:748円(税込)
    ISBNコード:9784041077627

    『バベル九朔』は、5階建て築88年の雑居ビル「バベル九朔」で管理人として働く、小説家志望の青年が主人公。万城目さん自身も大学卒業後に勤めた仕事を辞めたあと、作家デビューを経て『プリンセス・トヨトミ』の連載が始まるまで、雑居ビルの管理人として働いていたそうです(“自伝的”といわれるのはそのため)。そんな主人公はある日を境に、奇想天外な世界に足を踏み入れることになり……?

    『鴨川ホルモー』『鹿男あをによし』など独特のファンタジー世界が人気の万城目さんが、自ら「奇書」と称するデビュー10周年記念作。TVドラマ「吾輩の部屋である」で、登場人物が1人だけという哲学的コメディを演じきった菊池さん。そして、非日常的な要素を、シリアスとコミカルの絶妙なバランスを保って“日常の物語”として映像で描く筧監督。

    「全編ずっとビルのなか」なこの物語が、どんなふうに描かれるのか注目です。

    TVドラマ「バベル九朔」のストーリー
    5階建て、築88年の雑居ビル「バベル九朔」の新米管理人・九朔満大(27)。
    脚本家になることを夢見ているが、未だ芽は出ず、健気に執筆活動中だ。

    ある日、満大が地下1階の物置部屋から迷い込んだのは、すべての願いが叶う、偽りの世界「バベル」。「バベル」の世界に巻き込まれた満大が目にしたのは、現実世界でやむなく夢を諦めてしまった、監督志望の親友・後藤健や風変わりなビルのテナントさんたち。
    迷い込んだ人は、自分の思い通りになる世界を前に「ずっとここにいたい」と願ってしまう。
    だが「バベル」では、ある言葉を口にしてしまうと、二度と現実世界には戻れない!?

    謎の少女に導かれ、ビルの仲間を救うために奔走する満大の目の前に現れたのは、のっぺらぼうの怪物!? カラス女にも追い回され、さらには失踪したはずの満大の父・勝も現れ……。次々と起こる事態に巻き込まれ戸惑いながらも、満大は「バベル」に全力で立ち向かう!

    雑居ビル「バベル九朔」を作った、満大の高祖父・大九朔。果たして、もう一つの世界「バベル」と大九朔との関係は……?
    満大は、抗えぬ運命に導かれ、ビルの壮大な秘密に迫っていく。「バベル」を終わらせるため、主人公が「現実世界」と「バベル」を駆け巡る! (日本テレビ公式サイトより)

    TVドラマ「バベル九朔」
    2020年10月20日(火)0:59スタート

    キャスト:菊池風磨(Sexy Zone)
    原作:万城目学(角川文庫/KADOKAWA刊)
    脚本:田中眞一、吹原幸太
    監督:筧昌也、田中健一
    音楽:野崎美波
    編成企画:前田直彦、川口信洋
    チーフプロデューサー:福士睦
    企画プロデューサー:長松谷太郎
    プロデューサー:藤森真実、髙橋淳之介、宇田川寧
    制作プロダクション:ダブ
    製作著作:日本テレビ、ジェイ・ストーム

    https://www.ntv.co.jp/babel/

    ©NTV・J Storm

     

    関連記事

    奇才を焦らせ、圧倒する本と作家:万城目学さんの読書日記

    「トラさん~僕が猫になったワケ~」筧昌也監督に聞く“実写ならではの企み”




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る